忍者ブログ
直感重視の素人投資家、天地人の株日記です。株や経済に関するネタを中心に書いていく予定です。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
6
7 13
14
21 25 26 27
28 29 30
最新CM
[03/20 株式会社ゴゴジャン 桑原]
[01/20 エラ~]
[10/03 天地人]
[10/03 MGT]
[10/31 zerokabu田中]
[04/06 名無しの権兵衛さん]
[02/08 天地人]
[02/06 ゴーヤン]
[12/25 天地人]
[12/19 しお]
プロフィール
HN:
天地人
性別:
男性
自己紹介:
現在の所有銘柄
1383 ベルグアース
3633 GMOペパボ
3695 GMOリサーチ
6026 GMO TECH
6038 イード
6186 一蔵
7157 ライフネット生命保険
7177 GMOフィナンシャルHD
8789 フィンテックグローバル
8887 リベレステ

現在の優待銘柄
2406 アルテサロンホールディングス
9202 ANAホールディングス

現在の所有ETF
1328 金価格連動型
1343 東証REIT指数連動型
1541 純プラチナ上場信託
1542 純銀上場信託
1560 ブルサ・マレーシアKLCI連動型

現在の所有REIT
3227 MCUBS MidCity投資法人
3234 森ヒルズリート投資法人
3249 産業ファンド投資法人
3269 アドバンスレジデンス投資法人
3279 アクティビア・プロパティーズ
3282 コンフォリア・レジデンシャル
3283 日本プロロジスリート投資法人
3287 星野リゾート・リート投資法人
3290 Oneリート投資法人
3295 ヒューリックリート投資法人
3298 インベスコ・オフィス投資法人
3309 積水ハウス・リート投資法人
3451 トーセイ・リート投資法人
3453 ケネディクス商業リート
3463 いちごホテルリート投資法人
3466 ラサールロジポート投資法人
3468 スターアジア不動産投資法人
3471 三井不動産LP投資法人
3472 大江戸温泉リート投資法人
3473 さくら総合リート投資法人
3476 投資法人みらい
3478 森トラストホテルリート投資法人
3481 三菱地所物流リート投資法人
3487 CREロジスティクス投資法人
3488 ザイマックス・リート投資法人
3492 タカラレーベン不動産投資法人
3493 アドバンス・ロジスティクス
8955 日本プライムリアルティ
8957 東急リアルエステート投資法人
8960 ユナイテッド・アーバン投資法人
8961 森トラスト総合リート投資法人
8963 インヴィンシブル投資法人
8964 フロンティア不動産投資法人
8967 日本ロジスティクス投資法人
8975 いちごオフィスリート投資法人
8979 スターツプロシード投資法人
8984 大和ハウスリート投資法人
8985 ジャパンホテルリート投資法人
8986 日本賃貸住宅投資法人
9281 タカラレーベン・インフラ
9282 いちごグリーンインフラ
9286 エネクス・インフラ投資法人

現在の所有外貨建MMF


現在の重点監視銘柄
3963 シンクロ・フード
6541 グレイステクノロジー
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
Twitter
    follow me on Twitter
    忍者おまとめボタン
    日経平均 ; 22200.00 (-59.74
    TOPIX ; 1612.05 (-10.92
    JASDAQ指数 ; 3436.07 (+1.16
    マザーズ  ; 933.40 (+5.90、2日続伸)

    東証REIT ;1893.89(-1.36

    日経平均は反落。1383 ベルグアースが今日は下がってるな~、でも株価が高いなと思ったら、先週上げていた事に今日気付くという(^^; GWにキャッチアップといういつものパターンで今年も行きたいと思います。

    --------------------------------

    日経平均は59円安と4日ぶり反落、一段安後に下げ渋るも戻り限定=24日後場
    15時17分配信 モーニングスター

     24日後場の日経平均株価は前日比59円74銭安の2万2200円00銭と4営業日ぶりに反落。前場は、買いが先行した。23日の米国株高を受け、寄り付き直後に2万2362円92銭(前日比103円18銭高)まで上昇する場面があった。その後、株価指数先物売りをきっかけに下げに転じた。後場は、昼休みの時間帯に中国・上海総合指数が下げ幅を広げたことが重しとなり、先物にまとまった売りが出て一段安。一時2万2125円48銭(同134円26銭安)まで下落した。一巡後は、午後取引の上海株が切り返したこともあり、下げ渋りの流れとなったが、戻りは限定された。

     東証1部の出来高は12億1358万株、売買代金は2兆3229億円。騰落銘柄数は値上がり547銘柄、値下がり1510銘柄、変わらず79銘柄。

     市場からは「ゴールデンウイークを控え、基本的に様子見だ。若干、ポジション調整の動きは出ているが、リスクを取りたい者はいない。主要企業の決算を控えていることもあり、連休前まではもみ合い継続だろう」(国内投信)との声が聞かれた。

     業種別では、東電力HD <9501> 、関西電 <9503> などの電気ガス株が下落。野村 <8604> 、大和証G <8601> などの証券商品先物株や、トヨタ <7203> 、日産自 <7201> 、ホンダ <7267> などの輸送用機器株も売られた。JXTG <5020> 、出光興産 <5019> などの石油石炭製品株も安い。

     半面、リクルートH <6098> 、楽天 <4755> などのサービス株が上昇。任天堂 <7974> 、アシックス <7936> などのその他製品株や、武田薬 <4502> 、第一三共 <4568> などの医薬品株も高い。郵船 <9101> などの海運株も堅調。

     個別では、日東網 <3524> 、シマノ <7309> 、トーエル <3361> 、積化成 <4228> 、スターマイカ <3230> などの下げが目立った。半面、ピーシーエー <9629> 、りらいあ <4708> 、石塚硝 <5204> 、エイトレッド <3969> 、キムラタン <8107> などの上げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、27業種が下落した。

    --------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ 

    拍手

    PR
    日経平均 ; 22259.74 (+41.84、3日続伸)
    TOPIX ; 1622.97 (+4.35、3日続伸)
    JASDAQ指数 ; 3434.91 (-2.79、4日続落)
    マザーズ  ; 927.50 (+0.24

    東証REIT ;1895.25(+3.02、2日続伸)

    日経平均は3日続伸。今日も変わらず全く相場を見ている時間がなく、だけど見ていてもやる事なさそうなのでちょうど良いのかなと思いますが。。。

    --------------------------------

    日経平均は41円高と3日続伸、引けにかけ強含む、円伸び悩みで先物に断続買い=23日後場
    15時21分配信 モーニングスター

     23日後場の日経平均株価は前日比41円84銭高の2万2259円74銭と3営業日続伸。朝方は、強含んで始まった。手掛かり材料が乏しいなか、NY原油先物高を背景に石油関連株などが買われ、寄り付き直後に2万2268円37銭(前日比50円47銭高)まで上昇した。一巡後は、まとまった先物売りをきっかけに下げに転じ、一時2万2119円94銭(同97円96銭安)まで軟化する場面があった。円高・ドル安歩調とともに指数寄与度の高いファストリテ <9983> の株価下落が重しとなった。その後は持ち直しの動きに再度プラス圏入りした。円伸び悩みもあって先物に断続的な買いが入り、大引けにかけて強含んだ。

     東証1部の出来高は9億9523万株、売買代金は1兆9461億円。騰落銘柄数は値上がり1234銘柄、値下がり779銘柄、変わらず127銘柄。

     市場からは「日経平均は15日の『マド』空け上昇以降、高値圏を保ち、強い動きだ。ただ、大型連休を控え、腰の入った買いは入らず、短期の売り買いが主流だ。明日もこんな感じだろう」(準大手証券)との声が聞かれた。

     業種別では、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株や、JXTG <5020> 、出光興産 <5019> などの石油石炭製品株が堅調。JR東海 <9022> 、JR西日本 <9021> などの陸運株も高く、テルモ <4543> 、オリンパス <7733> などの精密株も買われた。大和ハウス <1925> 、清水建 <1803> などの建設株も値を上げた。

     半面、任天堂 <7974> 、コクヨ <7984> などのその他製品株が下落。王子HD <3861> 、北越コーポ <3865> などのパルプ紙株や、住友ゴム <5110> 、TOYO <5105> などのゴム製品株も安い。

     個別では、CEHD <4320> 、ミツウロコH <8131> 、パイプドHD <3919> 、ビーグリー <3981> 、クワザワ <8104> などの上げが目立った。半面、キムラタン <8107> 、デザインワン <6048> 、クボテック <7709> 、ピーシーエー <9629> 、JBR <2453> などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、24業種が上昇した。

    --------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ 

    拍手

    日経平均 ; 22217.90 (+17.34、2日続伸)
    TOPIX ; 1618.62 (+1.69、2日続伸)
    JASDAQ指数 ; 3437.70 (-12.78、3日続落)
    マザーズ  ; 927.26 (-10.35

    東証REIT ;1892.23(+11.94

    日経平均は2日続伸。欧米市場がイースターで休場。今週は大型連休前の週になりますので、どちらかというと売りに傾きそうですね。

    --------------------------------

    日経平均17円高と小幅続伸、方向感に欠ける展開続く、内需関連株は堅調=22日後場
    15時25分配信 モーニングスター

     22日後場の日経平均株価は前週末比17円34銭高の2万2217円90銭と小幅続伸。朝方は、利益確定売りが先行した。前週末の欧米主要株式市場が復活祭の祝日で休場となり、手掛かり材料に乏しいなか、いったん軟化した。その後、株価指数先物に断続的な買いが入り、上げ転換。円安・ドル高に傾いたこともあり、一時2万2280円19銭(前週末比79円63銭高)まで上昇した。一巡後は、先物売りに押され、2万2099円38銭(同101円18銭安)まで下押したが、短時間で再び小幅高に転じた。後場は終盤にやや強含む場面もあったが、総じて前週末終値近辺でもみ合いとなり、方向感に欠ける展開が続いた。なかで、建設、不動産、小売などの内需関連株が堅調だった。

     東証1部の出来高は8億6950万株、売買代金は1兆6263億円。騰落銘柄数は値上がり976銘柄、値下がり1058銘柄、変わらず106銘柄。

     業種別では、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株や、商船三井 <9104> 、川崎汽 <9107> などの海運株が堅調。大和ハウス <1925> 、大成建 <1801> などの建設株や、三井不 <8801> 、東急不HD <3289> などの不動産株も高い。ユニファミマ <8028> 、7&iHD <3382> などの小売株も値を上げた。

     半面、クレセゾン <8253> 、アコム <8572> などのその他金融株が下落。JAL <9201> 、ANA <9202> などの空運株も売られ、任天堂 <7974> 、アシックス <7936> などのその他製品株も軟調。

     個別では、パスコ <9232> (前場に一時ストップ高)、ライク <2462> 、ラクトJ <3139> 、DDHD <3073> 、ニチバン <4218> などの上げが目立った。半面、北の達人 <2930> 、KOA <6999> 、ホシデン <6804> 、マルマエ <6264> 、TIS <3626> などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、17業種が上昇した。

    --------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ 

    拍手

    自分用メモ。主に3月決算企業の通期決算発表日程をまとめておきます。いつも通り、現時点で未定の企業に関しては随時更新していきます。

    【所有銘柄】

    8887 リベレステ(5月3Q) 4/11

    3633 GMOペパボ(12月通期) 4/25


    7177 GMOフィナンシャルホールディングス
    (12月1Q) 4/25

    6026 GMO TECH(12月1Q) 4/26

    9202 ANAホールディングス   4/26

    2406 アルテ サロン ホールディングス(12月1Q) 5/7

    3695 GMOリサーチ(12月1Q) 5/8

    6186 一蔵 5/10

    8789 フィンテックグローバル (9月中間) 5/10

    7157 ライフネット生命保険 5/13



    6038 イード (6月3Q) 5/15

    1383 ベルグアース(10月中間) 6/?




    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    日経平均 ; 22200.56 (+110.44
    TOPIX ; 1616.93 (+1.96
    JASDAQ指数 ; 3450.48 (-0.22、2日続落)
    マザーズ  ; 937.61 (+4.60

    東証REIT ;1880.29(-0.43

    日経平均は反発。そろそろ決算も始まりますので、相場に戻らないとな~と思いつつ、忙しくてなかなか手が付けられない状態が続いています。まずは日程調べる所から始めよう。。。

    --------------------------------

    日経平均は110円高と反発、米国株高・円安で買い先行、一巡後は伸び悩む=19日後場
    4月19日(金)15時20分配信 モーニングスター

     19日後場の日経平均株価は前日比110円44銭高の2万2200円56銭と反発。朝方は、良好な米経済指標や米企業決算を背景に18日の米国株式が上昇した流れを受け、買い優勢で始まった。円安・ドル高も支えとなり、寄り付き直後に2万2250円37銭(前日比160円25銭高)まで上昇した。一巡後は伸び悩み、後場序盤には一時2万2162円23銭(同72円11銭高)まで押し戻される場面があった。その後の戻りは限定され、大引けにかけて2万2200円近辺でもみ合った。週末要因に加え、新規の手が掛かり材料に乏しく、積極的な売買が手控えられた。19日は米国、英国など海外主要市場が聖金曜日の祝日で休場となり、外国人投資家の動きも鈍った。

     東証1部の出来高は9億2898万株、売買代金は2兆208億円。騰落銘柄数は値上がり1147銘柄、値下がり899銘柄、変わらず95銘柄。

     市場からは「週半ばにかけ陽線が続いたが、週末に向けて連日陰線となり、上値の重さが勝っている。来週は10連休の直前週で決算も出てくるため、全体はもみ合いで個別株物色中心になろう」(準大手証券)との声が聞かれた。

     業種別では、任天堂 <7974> 、バンナムHD <7832> などのその他製品株が上昇。日精工 <6471> 、ダイキン <6367> などの機械株や、東エレク <8035> 、ファナック <6954> などの電機株も買われた。日水 <1332> 、マルハニチロ <1333> などの水産農林株や、川崎汽 <9107> 、郵船 <9101> などの海運株も堅調。オリンパス <7733> 、島津製 <7701> などの精密株や、日東電 <6988> 、ファンケル <4921> などの化学株も高い。

     半面、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株が軟調。JAL <9201> 、ANA <9202> などの空運株や、ヤマトHD <9064> 、SGHD <9143> などの陸運株も売られた。
     個別では、ホシデン <6804> がストップ高となり、モバファク <3912> 、TOWA <6315> 、オプトラン <6235> などの上げも目立った。半面、LIXILG <5938> 、東洋証 <8614> 、モロゾフ <2217> 、大和ハウス <1925> などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、20業種が下落した。

    --------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ 

    拍手

    日経平均 ; 22090.12 (-187.85
    TOPIX ; 1614.97 (-15.71
    JASDAQ指数 ; 3450.70 (-23.54
    マザーズ  ; 933.01 (-10.67

    東証REIT ;1880.72(+7.77

    日経平均は6日ぶり反落。ほとんど相場見れていませんが、そろそろ決算発表ですね。

    --------------------------------

    日経平均は187円安と6日ぶり反落、利益確定売りや円高などが重し=18日後場
    15時21分配信 モーニングスター

     18日の日経平均株価は、前日比187円85銭安の2万2090円12銭と6日ぶりに反落して取引を終了した。現地17日の米国株式は、NYダウ、ナスダック総合指数がともに小反落。シカゴ日経平均先物の清算値は17日の大阪終値比5円安の2万2265円だった。手掛かり材料に乏しいなか、朝方から売りが先行。一時プラス転換する場面もみられたが、利益確定売りの動きが強まり下げ幅を広げた。為替市場は、ドル・円が1ドル=111円90銭近辺(17日終値は112円01-02銭)で、円高方向に動いたことも重しとなり、午後2時56分には同219円58銭安の2万2058円39銭の安値を付ける場面もみられた。東証1部の出来高は11億8826万株、売買代金は2兆2288億円。騰落銘柄数は値上がり192銘柄、値下がり1907銘柄、変わらず42銘柄だった。

     市場では「タイミング待ちだった利益確定の売りが出た。一方、貸借取引で1日あたり1株につき1.2円の逆日歩がついたファーストリテ <9983> には買戻しの動きが出て、逆行高を演じたようだ」(中堅証券)との声が聞かれた。

     業種別では、武田薬 <4502> 、アステラス薬 <4503> などの医薬品株や、ニコン <7731> 、HOYA <7741> などの精密機器株が下落。王子HD <3861> や日本紙 <3863> などのパルプ紙株や、SUMCO <3436> 、LIXILG <5938> などの金属製品株も安い。日水 <1332> 、マルハニチロ <1333> などの水産農林株や、大林組 <1802> 、大和ハウス <1925> などの建設株も軟調。帝人 <3401> 、東レ <3402> などの繊維株や、大日印 <7912> 、任天堂 <7974> などのその他製品株も下げた。東証業種別指数は、30業種が下落、3業種が上昇している。

     個別では、ベクトル <6058> 、パイプドHD <3919> 、メガチップス <6875> 、いちご <2337> 、前田工繊 <7821> などが下落。半面、JVCKW <6632> 、TBASE <3415> 、八洲電機 <3153> 、ウエルシアH <3141> 、日亜鋼 <5658> などは上昇した。

    --------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ 

    拍手

    日経平均 ; 22277.97 (+56.31、5日続伸)
    TOPIX ; 1630.68 (+4.22
    JASDAQ指数 ; 3474.24 (+11.31、3日続伸)
    マザーズ  ; 943.68 (+11.42

    東証REIT ;1872.95(-7.48

    日経平均は5日続伸。ですが、私のPFは今日は微減。最近忙しく相場への熱もなかなか上がらない状態が続いています。

    --------------------------------

    日経平均は56円高と5日続伸、4日連続で年初来高値を更新、伸び悩み後にこう着商状=17日後場
    15時18分配信 モーニングスター

     17日後場の日経平均株価は前日比56円31銭高の2万2277円97銭と5営業日続伸し、4営業日連続で年初来高値を更新した。朝方は、16日の米国株高や円安・ドル高歩調を受け、買い先行となり、いったん2万2300円台に乗せた。株価指数先物にまとまった売り物が出て下げに転じる場面もあったが、すかさず持ち直し、前場終盤には一時2万2345円19銭(前日比123円53銭高)まで上昇した。午前11時に発表された中国1-3月期実質GDP(国内総生産)などの経済指標が市場予想を上回り、上げ幅拡大につながった。一巡後は、伸び悩んだが、下値は限られ、大引けにかけて2万2200円台後半でこう着商状となった。

     東証1部の出来高は12億7095万株、売買代金は2兆3628億円。騰落銘柄数は値上がり1220銘柄、値下がり803銘柄、変わらず118銘柄。

     市場からは「日経平均は陽線続きで強いが、商いを多くこなした価格帯となる2万2500円に近付くにつれ、戻り売りが警戒される。さらに上に進むには出来高が膨らまないと難しいのではないか」(準大手証券)との声が聞かれた。

     業種別では、野村 <8604> 、大和証G <8601> などの証券商品先物株が上昇。川崎汽 <9107> 、商船三井 <9104> 、郵船 <9101> などの海運株や、トヨタ <7203> 、日産自 <7201> などの輸送用機器株も堅調。JXTG <5020> 、出光興産 <5019> などの石油石炭製品株も高く、三菱UFJ <8306> 、三井住友 <8316> などの銀行株も買われた。

     半面、日水 <1332> 、マルハニチロ <1333> などの水産農林株が軟調。東電力HD <9501> 、東ガス <9531> などの電気ガス株も売られ、テルモ <4543> 、オリンパス <7733> などの精密株も安い。

     個別では、RPAH <6572> がストップ高となり、キャリアデ <2410> 、マルマエ <6264> 、eBASE <3835> 、ヨシムラFH <2884> などの上げも目立った。半面、メガチップス <6875> がストップ安となり、アルテリア <4423> も一時ストップ安。enish <3667> 、ブロンコB <3091> 、エラン <6099> などの下げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、21業種が上昇した。

    --------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ 

    拍手

    日経平均 ; 22221.66 (+52.55、4日続伸)
    TOPIX ; 1626.46 (-1.47
    JASDAQ指数 ; 3462.93 (+3.51、2日続伸)
    マザーズ  ; 932.26 (-2.54

    東証REIT ;1880.43(+7.80

    日経平均は4日続伸。値下がり銘柄の方が多かったようですが、日経平均は一応年初来高値更新。私のPFも今日は続伸、年初来高値からは程遠いですが、とりあえず少しずつでも戻して欲しいですな。

    --------------------------------

    日経平均は52円高と4日続伸、3日連続で年初来高値を更新、TOPIXは小反落=16日後場
    15時25分配信 モーニングスター

     16日後場の日経平均株価は前日比52円55銭高の2万2221円66銭と4営業日続伸し、3営業日連続で年初来高値を更新した。朝方は、15日の米国株安や、きのう約4カ月ぶりに2万2000円台を回復したこともあり、利益確定売りが先行し、寄り付き直後に2万2095円32銭(前日比73円79銭安)まで軟化した。一巡後は切り返して上げに転じ、一時2万2261円33銭(同92円22銭高)まで上昇する場面があった。ファストリテ <9983> 株や通信株が値を上げ、指数高に寄与した。いったん伸び悩んだ後、中国・上海総合指数が朝安後にプラス浮上したこともあり、後場終盤にかけて持ち直したが、戻りは限定された。

     全般は値下がり銘柄数が多く、TOPIX(東証株価指数)は同1.47ポイント安の1626.46ポイントと小反落した。

     東証1部の出来高は10億5075万株、売買代金は2兆929億円。騰落銘柄数は値上がり698銘柄、値下がり1346銘柄、変わらず97銘柄。

     市場からは「10連休や決算を控えて様子見だが、しっかりした動きだ。決算発表でアク抜けリバウンドが期待され、国内機関投資家が動き出す5月の上昇期待をにらみ先回り買いの動きが出ているのではないか」(国内投信)との声が聞かれた。

     業種別では、KDDI <9433> 、NTTドコモ <9437> 、ソフバンG <9984> などの情報通信株が上昇。JPX <8697> 、アイフル <8515> などのその他金融株も買われた。千代化建 <6366> 、大成建 <1801> などの建設株や、ソニー <6758> 、日立 <6501> などの電機株も高い。

     半面、王子HD <3861> 、日本紙 <3863> などのパルプ紙株が軟調。国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株や、関西電 <9503> 、九州電 <9508> などの電気ガス株も売られた。

     個別では、RPAH <6572> 、ヨシムラFH <2884> がストップとなり、キムラタン <8107> 、ファンコミ <2461> 、SバリューH <1448> 、TBASE <3415> などの上げも目立った。半面、HIOKI <6866> 、デザインワン <6048> 、ベクトル <6058> 、日電波 <6779> 、イオンファン <4343> などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、25業種が下落した。

    --------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ 

    拍手

    日経平均 ; 22169.11 (+298.55、3日続伸)
    TOPIX ; 1627.93 (+22.53
    JASDAQ指数 ; 3459.42 (+15.14
    マザーズ  ; 934.80 (+15.05

    東証REIT ;1872.63(-2.07

    日経平均は3日続伸。日経平均・TOPIXが連日で最高値更新。私のPFも久々にまとまってプラスでした。

    --------------------------------

    日経平均は298円高と大幅に3日続伸、連日で年初来高値、TOPIXも高値更新=15日後場
    15時48分配信 モーニングスター

     15日後場の日経平均株価は前週末比298円55銭高の2万2169円11銭と大幅に3営業続伸。連日で年初来高値を更新し、昨年12月4日(終値2万2036円05銭)以来約4カ月ぶりに2万2000円台を回復した。TOPIX(東証株価指数)は同22.53ポイント高の1627.93ポイントと6営業日ぶりに大幅反発し、3月4日の年初来高値1627.59ポイントを更新した。

     朝方は、米金融大手の好決算を背景にした前週末の米国株高や、円安・ドル高を受け、買い優勢で始まった。日経平均株価はその後やや上値が重くなる場面もあったが、中国・上海総合指数の上昇も支えとなり、前引け間際には2万2211円03銭(前週末比340円47銭高)まで値を上げた。後場は、売買が交錯し、大引けにかけて高値圏でもみ合い商状となった。

     東証1部の出来高は12億2562万株、売買代金は2兆3924億円。騰落銘柄数は値上がり1910銘柄、値下がり190銘柄、変わらず41銘柄。

     市場からは「日経平均は連日の高値更新で、全体相場を表すTOPIX(東証株価指数)も年初来高値となったが、同指数はまだ上値に200日線を残しており、流れが変わったとは言い切れない。ただ、外部環境面で悲観したものが出なければ、出遅れ感から資金が回ってきてもおかしくはない」(準大手証券)との声が聞かれた。

     東証業種別株価指数は全33業種が値上がり。業種別では、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株や、住友倉 <9303> 、近鉄エクス <9375> などの倉庫運輸関連株が上昇。T&DHD <8795> 、第一生命HD <8750> などの保険株も買われた。コマツ <6301> 、日立建機 <6305> などの機械株も高い。川崎汽 <9107> 、商船三井 <9104> などの海運株や、住友鉱 <5713> 、三井金 <5706> などの非鉄金属株も高い。任天堂 <7974> 、凸版 <7911> などのその他製品株も値を上げた。

     個別では、ダイト <4577> がストップ高となり、ベイカレント <6532> も一時ストップ高。enish <3667> 、イワキ <8095> 、Olympi <8289> などの上げも目立った。半面、Gunosy <6047> がストップ安となり、ディップ <2379> 、三機サービス <6044> 、SKジャパン <7608> 、IDOM <7599> などの下げも目立った。

    --------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ 

    拍手

    日経平均 ; 21870.56 (+159.18、2日続伸)
    TOPIX ; 1605.40 (-1.12、5日続落)

    JASDAQ指数 ; 3444.28 (-11.51

    マザーズ  ; 919.75 (-12.76、2日続落)

    東証REIT ;1874.70(+1.76、2日続伸)

    日経平均は続伸。私のPFは3連敗、2月末の水準まで逆戻りしてしまいました。もうすぐ決算シーズンですので、そこで動きありますかね。

    --------------------------------

    日経平均は159円高と続伸、年初来高値を更新、SQ値とほぼ同値=12日後場
    4月12日(金)15時29分配信 モーニングスター

     12日後場の日経平均株価は前日比159円18銭高の2万1870円56銭と続伸。3月4日の年初来高値2万1822円04銭を更新し、この日算出の日経平均ミニ先物・オプション4月限のSQ(特別清算指数)値2万1870円84銭とほぼ同値。朝方は、円安・ドル高を支えに買いが先行したが、利益確定売りに押され、下げに転じる場面もあった。ただ、売り込む動きにはつながらず、円安歩調とともに切り返しの流れとなり、大引け近くには一時2万1878円78銭(前日比167円40銭高)まで上昇した。19年8月期の連結営業利益予想を下方修正したファストリテ <9983> がアク抜け感から株価が大幅上昇し、指数に大きく寄与(プラス160円強)した面もある。

     東証1部の出来高は11億178万株、売買代金は2兆2522億円。騰落銘柄数は値上がり809銘柄、値下がり1219銘柄、変わらず113銘柄。

     市場からは「後場はジリジリと上昇し、買い戻しを誘ったようだ。日経平均は年初来高値に進んだが、200日移動平均線(2万1888円)で抑えられており、来週はSQ値とともに同線を超えられるかどうかが注目される。クリアできれば、2万2000円は通過点になろう」(準大手証券)との声が聞かれた。

     業種別では、ソフバンG <9984> 、NRI <4307> などの情報通信株が上昇。任天堂 <7974> 、タカラス <7981> などのその他製品株や、リクルートH <6098> 、楽天 <4755> などのサービス株も買われた。T&DHD <8795> 、東京海上 <8766> などの保険株や、トヨタ <7203> 、デンソー <6902> などの輸送用機器株も高い。東レ <3402> などの繊維製品株も引き締まった。

     半面、JXTG <5020> 、出光興産 <5019> などの石油石炭製品株や、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株が軟調。アステラス薬 <4503> 、大日住薬 <4506> などの医薬品株も安い。

     個別では、SバリューH <1448> がストップ高となり、コシダカHD <2157> 、CSP <9740> 、デザインワン <6048> 、ローツェ <6323> などの上げも目立った。半面、ローソン <2651> 、パイプドHD <3919> 、エムアップ <3661> 、島忠 <8184> 、津田駒 <6217> などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、21業種が下落した。

    --------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ 

    拍手

    忍者ブログ [PR]