忍者ブログ
直感重視の素人投資家、天地人の株日記です。株や経済に関するネタを中心に書いていく予定です。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 7
8 14
15 16
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/20 株式会社ゴゴジャン 桑原]
[01/20 エラ~]
[10/03 天地人]
[10/03 MGT]
[10/31 zerokabu田中]
[04/06 名無しの権兵衛さん]
[02/08 天地人]
[02/06 ゴーヤン]
[12/25 天地人]
[12/19 しお]
プロフィール
HN:
天地人
性別:
男性
自己紹介:
現在の所有銘柄
1383 ベルグアース
2464 ビジネス・ブレークスルー
3633 GMOペパボ
3695 GMOリサーチ
6026 GMO TECH
6038 イード
6090 HMT
6186 一蔵
7157 ライフネット生命保険
7177 GMOフィナンシャルHD
8789 フィンテックグローバル
8887 リベレステ

現在の優待銘柄
2406 アルテサロンホールディングス
9202 ANAホールディングス

現在の所有ETF
1309 上証50連動型
1323 南アフリカ株式指数連動型
1325 ブラジル株式指数 ボベスパ
1328 金価格連動型
1343 東証REIT指数連動型
1542 純銀上場信託
1560 ブルサ・マレーシアKLCI連動型
1678 インド株式指数 S&PCNXNifty

現在の所有REIT
3227 MCUBS MidCity投資法人
3234 森ヒルズリート投資法人
3249 産業ファンド投資法人
3269 アドバンスレジデンス投資法人
3279 アクティビア・プロパティーズ
3282 コンフォリア・レジデンシャル
3283 日本プロロジスリート投資法人
3287 星野リゾート・リート投資法人
3290 Oneリート投資法人
3295 ヒューリックリート投資法人
3298 インベスコ・オフィス投資法人
3309 積水ハウス・リート投資法人
3451 トーセイ・リート投資法人
3453 ケネディクス商業リート
3463 いちごホテルリート投資法人
3466 ラサールロジポート投資法人
3468 スターアジア不動産投資法人
3471 三井不動産LP投資法人
3472 大江戸温泉リート投資法人
3473 さくら総合リート投資法人
3476 投資法人みらい
3478 森トラストホテルリート投資法人
3481 三菱地所物流リート投資法人
3487 CREロジスティクス投資法人
3488 ザイマックス・リート投資法人
8955 日本プライムリアルティ
8957 東急リアルエステート投資法人
8960 ユナイテッド・アーバン投資法人
8961 森トラスト総合リート投資法人
8963 インヴィンシブル投資法人
8964 フロンティア不動産投資法人
8967 日本ロジスティクス投資法人
8975 いちごオフィスリート投資法人
8979 スターツプロシード投資法人
8984 大和ハウスリート投資法人
8985 ジャパンホテルリート投資法人
8986 日本賃貸住宅投資法人
9281 タカラレーベン・インフラ
9282 いちごグリーンインフラ

現在の所有外貨建MMF


現在の重点監視銘柄
3963 シンクロ・フード
6541 グレイステクノロジー
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
Twitter
    follow me on Twitter
    忍者おまとめボタン
    自分用メモ。主に3月決算企業の1Q決算発表日程をまとめておきます。いつも通り、現時点で未定の企業に関しては随時更新していきます。

    【所有銘柄】

    8887 リベレステ(5月通期) 7/12

    7177 GMOフィナンシャルホールディングス(12月2Q) 7/26

    2464 ビジネス・ブレークスルー  7/27

    3695 GMOリサーチ(12月2Q) 7/27

    6026 GMO TECH(12月2Q) 7/27

    3633 GMOペパボ(12月2Q) 7/30


    9202 ANAホールディングス   7/31

    2406 アルテ サロン ホールディングス(12月2Q) 5/1

    6186 一蔵 7/31

    8789 フィンテックグローバル (9月3Q) 8/9

    6090 ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ 8/10



    7157 ライフネット生命保険 8/10

    6038 イード (6月通期) 8/14

    1383 ベルグアース(10月3Q) 9/?




    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    PR
    日経平均 ; 22697.88 (-66.80、2日続落)
    TOPIX ; 1744.98 (-4.61、2日続落)
    JASDAQ指数 ; 3804.74 (-3.93、2日続落)
    マザーズ  ; 1048.09 (+3.27
    東証REIT ;1782.36 (+7.36

    日経平均は2日続落。新興株もジャスダックは続落ですが、マザーズは反発。今日はバイオ株が堅調だったようで・・・、何年か前にバイオ株バブルがありましたけど最近はさっぱりだったので、バイオ株が話題になるのも久しぶりな感じがします。

    -------------------------------

    日経平均は66円安と続落、人民元安で再度マイナス圏入りも上海総合指数の急浮上で下げ渋る=20日後場
    15時11分配信 モーニングスター

     20日の日経平均株価は前日比66円80銭安の2万2697円88銭と続落。朝方は、19日の米国株安や円高・ドル安を受け、安く始まった。円高一服などを支えに一時2万2869円98銭(前日比105円30銭高)まで上昇する場面もあったが、一巡後は中国人民元安をきっかけに株価指数先物主導で売られ、再度マイナス圏入りした。時間外取引でNYダウ先物が軟化し、円がやや強含んだこともあり、後場後半には2万2541円35銭(前日比223円33銭安)まで下落した。その後は、上海総合指数が急浮上したことで、大引けにかけて下げ渋りの流れとなった。

     東証1部の出来高は12億6202万株、売買代金は2兆3975億円。騰落銘柄数は値上がり672銘柄、値下がり1342銘柄、変わらず89銘柄。

     市場からは「人民元安を材料に仕掛け売りが出やすかったが、結果的に下値は限定された。指数自体は当面もみ合いとみるが、来週は本格化する決算をにらんで個別株物色の色彩が強まることになろう」(準大手証券)との声が聞かれた。

     業種別では、住友鉱 <5713> 、古河電工 <5801> などの非鉄金属株が軟調。郵船 <9101> 、商船三井 <9104> などの海運株や、ブリヂス <5108> 、住友ゴム <5110> などのゴム製品株も安い。新日鉄住金 <5401> 、JFE <5411> などの鉄鋼株や、第一生命HD <8750> 、T&DHD <8795> などの保険株も売られた。

     半面、キリンHD <2503> 、アサヒ <2502> などの食料品株が堅調。JXTG <5020> などの石油石炭製品株や、JAL <9201> などの空運株も買われた。

     個別では、海洋掘削 <1606> (整理)、ゲンキードラ <9267> 、Olympi <8289> 、アイビーシー <3920> などの下げが目立った。半面、レノバ <9519> 、エラン <6099> 、インターアク <7725> 、サニックス <4651> などの上げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、22業種が下落した。

    -------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    日経平均 ; 22764.68 (-29.51
    TOPIX ; 1749.59 (-1.62
    JASDAQ指数 ; 3808.67 (-2.92
    マザーズ  ; 1044.82 (-4.98
    東証REIT ;1775.00 (-5.55

    日経平均は小幅反落。午前中はプラスで推移していましたが、中国株が下げた影響もあり後場にマイナスに転じましたね。今日何気なく年初来高値更新銘柄を見たのですが、2371 カカクコム、2483 翻訳センター、3359 タイセイ、3657 PPHD、4287 ジャストプランニング・・・どこかで見た銘柄がずらずらと並んでおりまして(^^; 今決して相場環境が良いと言える状況でない中、これだけ高値更新してるってのはすごいですよね、そしてそれを一つも持っていない私。

    まあ売った時は売ったなりの理由がありましたし、その後乗り換えた銘柄で成功した事もありましたけど、よく言われるように「時間に縛られない」は個人投資家の強力な武器ですので、上手に使えるようになりたいですね。ただ、いくら自信があっても注目されないとずっと塩漬けしているだけになってしまうので、握力は永遠のテーマなのかな~と思います。

    -------------------------------

    日経平均は29円安と5日ぶりに小反落、手控えムードのなか前日終値を挟んだ動きに=19日後場
    15時23分配信 モーニングスター

     19日の日経平均株価は、前日比29円51銭安の2万2764円68銭と5日ぶりに小反落して取引を終了した。朝方は買いが先行。時間外取引で米株価指数先物が堅調に推移したこともあり、一時100円を超える上昇をみせる場面もあった。ただ、買い一巡後は上値が重く、上海株式が下げに転じたことも意識されたようで上げ幅を縮小。後場に入り、株価指数先物にややまとまった売りが出たことから下げ転換し、午後1時16分には同32円32銭安の2万2761円87銭を付けた。その後は、前日終値を挟んだもみ合いが続いた。東証1部の出来高は12億660万株、売買代金は2兆1958億円。騰落銘柄数は値上がり942銘柄、値下がり1086銘柄、変わらず74銘柄だった。

     市場では「きのうときょうで2万2900円台に乗せる場面がみられたが、18年4-6月期決算発表の本格化を控え、内容を確認してからでも遅くはないとして、手控えるムードが強まった面もあった」(中堅証券)との見方があった。

     業種別では、王子HD <3861> や日本紙 <3863> などのパルプ紙株や、中部電力 <9502> 、東ガス <9531> などの電気ガス株が下落。アサヒ <2502> 、キリンHD <2503> などの食料品株や、ローソン <2651> 、7&iHD <3382> などの小売株も安い。JR東日本 <9020> 、JR東海 <9022> などの陸運株や、日水 <1332> 、マルハニチロ <1333> などの水産農林株も軟調。花王 <4452> 、ユニチャム <8113> などの化学株や、オリンパス <7733> 、HOYA <7741> などの精密機器株も下げた。東証業種別指数は全33業種のうち、値下がりが18業種、値上がりは15業種だった。

     個別では、海洋掘削 <1606> (整理)、イートアンド <2882> 、ファンケル <4921> 、コーセー <4922> 、三機サービス <6044> などが下落。半面、ネオス <3627> 、田淵電 <6624> 、ランド <8918> 、Fロジック <6037> 、マクロミル <3978> などは上昇した。

    -------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    日経平均 ; 22794.19 (+96.83、4日続伸)
    TOPIX ; 1751.21 (+6.16、4日続伸)
    JASDAQ指数 ; 3811.59 (+27.68
    マザーズ  ; 1049.80 (+18.20
    東証REIT ;1780.55 (+2.38、2日続伸)

    日経平均は4日続伸。積極的な買いが入っているわけではなさそうですが、しぶとく上昇が続きますね。個別では業績相場の色合いがはっきり出ているようで、記事にもあるように3668 コロプラは今日も年初来安値更新。ついに700円割れですが・・・ちょっと見ない間に随分と安くなりましたね。手元資金が乏しいのであまり真剣には見てませんが、そのうち買い場があるのかなとも思うので、ゆるくウォッチしていきたいと思います。

    -------------------------------

    日経平均は96円高と4日続伸、米国株高・円安で買い先行、一巡後は上げ幅を縮小=18日後場
    15時16分配信 モーニングスター

     18日の日経平均株価は前日比96円83銭高の2万2794円19銭と4営業日続伸。朝方は、17日の米国株高や円安・ドル高進行を好感し、買い優勢で始まった。株価指数先物買いを交えて上昇し、前場前半には一時2万2949円32銭(前日比251円96銭高)を付けた。一巡後は、上昇ピッチの速さに対する警戒感もあり、利益確定売りに押され、大引けにかけて上げ幅縮小の流れとなった。

     東証1部の出来高は11億4604万株、売買代金は2兆1670億円。騰落銘柄数は値上がり1444銘柄、値下がり579銘柄、変わらず79銘柄。

     市場からは「日経平均は急ピッチな戻りを演じ、2万3000円を前に息切れしてきた。225銘柄で相場を引っ張るには限界があり、TOPIX(東証株価指数)の戻りの鈍さが気になる。買い戻しはまだ続くとみられるが、新規の買いが入らないと本格的な上げにはつながらない」(準大手証券)との声が聞かれた。

     業種別では、出光興産 <5019> 、JXTG <5020> などの石油石炭製品株や、ブリヂス <5108> 、住友ゴム <5110> などのゴム製品株が上昇。HOYA <7741> 、ニコン <7731> などの精密機器株も買われた。JAL <9201> 、ANA <9202> などの空運株や、トヨタ <7203> 、三菱自 <7211> などの輸送用機器株も堅調。

     半面、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株が軟調。JT <2914> 、宝HLD <2531> などの食料品株や、任天堂 <7974> 、アシックス <7936> などのその他製品株も安い。

     個別では、SKジャパン <7608> が連日のストップ高となり、ライク <2462> 、ベクトル <6058> 、メディアHD <3678> 、海洋掘削 <1606> (整理)などの上げも目立った。半面、コロプラ <3668> 、インターアク <7725> 、イオンファン <4343> 、オークネット <3964> 、ブラス <2424> などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、25業種が上昇した。

    -------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    日経平均 ; 22697.36 (+100.01、3日続伸)
    TOPIX ; 1745.05 (+14.98、3日続伸)
    JASDAQ指数 ; 3783.91 (-10.04
    マザーズ  ; 1031.60 (-15.32
    東証REIT ;1778.17 (+7.90

    日経平均は3日続伸。記事では23,000円なんて声も出ていますが、そんなに状況が好転しているようには思えませんけどね~。そろそろ4-6月期の決算発表が始まりますので、しっかり分析が必要ですね。

    -------------------------------

    日経平均は100円高と3日続伸、先物買いに上げ幅拡大、一巡後は伸び悩む=17日後場
    7月17日(火)15時15分配信 モーニングスター

     17日の日経平均株価は前週末比100円01銭高の2万2697円36銭と3日続伸。16日の米国株式が高安まちまちで手掛かり材料に乏しいなか、朝方は前週末終値近辺で小動きだったが、円安・ドル高傾向を支えに上げ基調を強め、いったん2万2700円台に乗せた。その後、上値が重くなったが、下値は限定的で前引けにかけて高値圏で推移した。後場は、株価指数先物にまとまった買いが入り、上げ幅を拡大し、一時2万2832円22銭(前週末比234円87銭高)まで上昇する場面があった。一巡後は、戻り売りに抑えられ、大引けにかけて伸び悩んだ。

     東証1部の出来高は14億373万株、売買代金は2兆5651億円。騰落銘柄数は値上がり1566銘柄、値下がり464銘柄、変わらず70銘柄。

     市場からは「そのまま上昇するか、あるいは調整してから再度上を狙うかは分からないが、とりあえず日経平均2万3000円奪回の線が色濃くなってきた。決算発表を控えるなか、1ドル=112円台の円安・ドル高水準が輸出企業の業績期待につながっている」(準大手証券)との声が聞かれた。

     業種別では、JR西日本 <9021> 、ヤマトHD <9064> などの陸運株が上昇。明治HD <2269> 、JT <2914> などの食料品株も買われた。郵船 <9101> 、商船三井 <9104> などの海運株や、関西電 <9503> 、東北電 <9506> などの電気ガス株も高い。任天堂 <7974> 、ヤマハ <7951> などのその他製品株も堅調。

     半面、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株や、コスモエネH <5021> 、昭シェル <5002> などの石油石炭製品株が軟調。住友鉱 <5713> 、住友電工 <5802> などの非鉄金属株も安い。

     個別では、ネオス <3627> 、SKジャパン <7608> 、古野電 <6814> 、オルトプラス <3672> がストップ高となり、タマホーム <1419> 、ダイト <4577> 、パソナ <2168> などの上げも目立った。半面、海洋掘削 <1606> (整理)、IDOM <7599> 、インターアク <7725> 、メディアHD <3678> 、スカラ <4845> などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、28業種が上昇した。

    -------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    日経平均 ; 22597.35 (+409.39、2日続伸)
    TOPIX ; 1730.07 (+20.39、2日続伸)
    JASDAQ指数 ; 3793.95 (+8.87、2日続伸)
    マザーズ  ; 1046.92 (+6.90、2日続伸)
    東証REIT ;1770.27 (-0.75

    日経平均は400円を超える大幅続伸。何かあったの!?という感じで、3連休前ですが強かったですね。新興は一応上昇したものの、私のPFはほとんど変わらずでした(^^;

    -------------------------------

    日経平均は409円高と大幅続伸、3週ぶり高値水準、米株高など好感、ファストリテ株高効果も=13日後場
    15時25分配信 モーニングスター

     13日の日経平均株価は前日比409円39銭高の2万2597円35銭と大幅続伸。6月21日(終値2万2693円04銭)以来ほぼ3週間ぶりの高値水準となる。日経平均をTOPIX(東証株価指数)で割ったNT倍率は13.06倍と98年12月9日(13.08倍)以来の高いレベルとなった。

     朝方は、米中貿易摩擦で過度な警戒感が後退し、12日の米国株式が上昇した流れを好感して買い優勢で始まった。円安・ドル高も支援し、いったん2万2500円台に乗せた。その後は、前引けにかけて上げ一服商状が続いた。後場は、一段高。時間外取引での米株価指数先物の上昇が支えとなり、一時2万2692円86銭(前日比504円90銭高)まで上げ幅を拡大した。一巡後は大引けにかけ上値が重くなった。好決算を発表したファストリテ <9983> の株価上昇が指数に大きく寄与したが、その影響額は終値ベースでプラス127円弱だった。

     きょう算出の日経平均ミニ先物・オプション7月限のSQ(特別清算指数)値は2万2452円35銭。東証1部の出来高は12億7836万株、売買代金は2兆5472億円。騰落銘柄数は値上がり1547銘柄、値下がり473銘柄、変わらず80銘柄。

     市場からは「上がり過ぎの感がある。3連休控えで売りが出てもおかしくないが、力強い動きは認めざるを得ない。先は読みづらいが、1ドル=112円台の為替水準から輸出企業に対する決算期待が出ているかもしれない」(準大手証券)との声が聞かれた。

     業種別では、リクルートH <6098> 、セコム <9735> などのサービス株が堅調。帝人 <3401> 、東レ <3402> などの繊維製品株や、オリンパス <7733> 、ニコン <7731> などの精密機器株も高い。資生堂 <4911> 、花王 <4452> などの化学株や、東海カ <5301> 、TOTO <5332> などのガラス土石株も買われた。

     半面、コスモエネH <5021> 、昭シェル <5002> などの石油石炭製品株や、東電力HD <9501> 、中部電 <9502> などの電気ガス株が軟調。

     個別では、古野電 <6814> 、Gunosy <6047> 、CSP <9740> がストップ高となり、Olympi <8289> 、コスモス薬 <3349> 、SFOODS <2292> 、SKジャパン <7608> などの上げも目立った。半面、TBASE <3415> 、IDOM <7599> がストップ安となり、セラク <6199> 、インテリクス <8940> 、デザインワン <6048> 、JINS <3046> などの下げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、31業種が上昇した。

    -------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    日経平均 ; 22187.96 (+255.75
    TOPIX ; 1709.68 (+7.80
    JASDAQ指数 ; 3785.08 (+11.47
    マザーズ  ; 1040.02 (+10.32
    東証REIT ;1771.02 (+1.79、2日続伸)

    日経平均は大幅反発。あまり相場が見れていませんが、指数はそこそこ動いているものの膠着感が強い感じがしますね。私のPFも一進一退という感じです。

    -------------------------------

    日経平均は255円高と大幅に反発、取引終了にかけては上値を抑えられる格好=12日後場
    15時24分配信 モーニングスター

     12日の日経平均株価は、前日比255円75銭高の2万2187円96銭と大幅に反発して取引を終了した。朝方から買いが先行。時間外取引で米株価指数先物が堅調に推移するうえ、上海株式も上昇したことから、買い気が強まる格好となった。午後に入ってもジリ高基調が続き、午後2時22分には、同301円31銭高の2万2233円52銭を付ける場面がみられた。取引終了前には、ポジション調整の売りに上値を抑えられる格好となり、上げ幅を縮小した。東証1部の出来高は11億9258万株、売買代金は2兆3081億円。騰落銘柄数は値上がり1181銘柄、値下がり820銘柄、変わらず98銘柄だった。

     市場では「円安進行が支えとなり全体は反発した。ただ、米中の貿易摩擦の悪化を警戒し電子部品などはさえない動きを強いられたようだ」(中堅証券)との声が聞かれた。

     業種別では、日水 <1332> 、サカタのタネ <1377> などの水産農林株や、KDDI <9433> 、ソフトバンク <9984> などの情報通信株が上昇。武田薬 <4502> 、アステラス薬 <4503> などの医薬品株や、オリンパス <7733> 、HOYA <7741> などの精密機器株も高い。トヨタ <7203> 、ホンダ <7267> などの輸送用機器株や、中部電力 <9502> 、東ガス <9531> などの電気ガス株も堅調。アサヒ <2502> 、キリンHD <2503> などの食料品株や、第一生命HD <8750> 、東京海上 <8766> などの保険株も上げた。東証業種別指数は全33業種のうち、値上がりが20業種、値下がりは13業種だった。

     個別では、Olympi <8289> 、スター精密 <7718> 、日本エンタ <4829> 、ポールHD <3657> 、リオン <6823> などが上昇。半面、ホギメディ <3593> 、コシダカHD <2157> 、明光ネット <4668> 、ヤマシタHH <9265> 、土木管理 <6171> などは下落した。

    -------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    日経平均 ; 21932.21 (-264.68
    TOPIX ; 1701.88 (-14.25
    JASDAQ指数 ; 3773.61 (-27.34
    マザーズ  ; 1029.70 (-12.42、2日続落)
    東証REIT ;1769.23 (+1.60

    日経平均は大幅反落、外部環境が大きく改善したわけでもなく、なかなか腰の入った上昇とはいきませんね。

    -------------------------------

    日経平均は264円安と4日ぶり大幅反落、米中貿易摩擦再燃で売り先行、一巡後は下げ幅縮小=11日後場
    7月11日(水)15時10分配信 モーニングスター

     11日の日経平均株価は前日比264円68銭安の2万1932円21銭と4営業日ぶりに大幅反落。

     朝方は、米中貿易摩擦の再燃から売り優勢で始まった。トランプ米大統領が2000億ドル(約22兆2000億円)相当の中国製品に対する追加関税の原案を公表、時間外取引で米株価指数先物が大幅に下落したことを受け、前場中盤には一時2万1744円25銭(前日比452円64銭安)まで下落する場面があった。中国・上海総合指数も急落して始まったが、それを警戒した売りも先行していたことで、その後は売り一巡の格好となり、後場前半にかけて下げ幅を縮小した。為替相場が落ち着くとともに、日銀のETF(上場投資信託)買い観測も支えとなった。ただ、戻りは限定され、大引けにかけては上値の重い動きとなった。

     東証1部の出来高は13億6664万株、売買代金は2兆3208億円。騰落銘柄数は値上がり485銘柄、値下がり1563銘柄、変わらず51銘柄。

     市場からは「しばらく落ち着くだろうとみていた米中問題で唐突に材料が出て、目先筋の売買が活発化した。投資家心理は不安定であり、日経平均は2万2000円を挟んで上にも下にも振られやすい状況だ。ただ、週末のSQ(特別清算指数)算出を終えれば、需給も軽くなってくる」(準大手証券)との声が聞かれた。

     業種別では、ブリヂス <5108> 、洋ゴム <5105> などのゴム製品株や、郵船 <9101> 、商船三井 <9104> などの海運株が下落。帝人 <3401> 、東レ <3402> などの繊維製品株も軟調。コマツ <6301> 、NTN <6472> などの機械株や、住友鉱 <5713> 、フジクラ <5803> などの非鉄金属株も売られた。

     半面、出光興産 <5019> 、昭シェル <5002> などの石油石炭製品株が上昇。国際帝石 <1605> などの鉱業株もしっかり。

     個別では、デザインワン <6048> 、T&Gニーズ <4331> 、ゴルドウイン <8111> 、コーナン商 <7516> 、トップカルチ <7640> などの下げが目立った。半面、キリン堂HD <3194> がストップ高となり、ハニーズHD <2792> 、石原産 <4028> 、海洋掘削 <1606> (整理)、パルGH <2726> などの上げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、31業種が下落した。

    -------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    日経平均 ; 22196.89 (+144.71、3日続伸)
    TOPIX ; 1716.13 (+4.34、3日続伸)
    JASDAQ指数 ; 3800.95 (+14.86、3日続伸)
    マザーズ  ; 1042.12 (-6.51
    東証REIT ;1767.63 (-9.92

    日経平均は3日続伸。直近の下落の主要因であった米中貿易摩擦は続いていますが、どこ吹く風という感じで反発が続きますね。このまま状況が改善しないようだと、いずれは影響が出てくると思うんですが。。。

    -------------------------------

    日経平均は144円高と3日続伸、米国株高・円安で買い先行、200日線を回復=10日後場
    15時18分配信 モーニングスター

     10日の日経平均株価は前日比144円71銭高の2万2196円89銭と3営業日続伸。6月29日以来7営業日ぶりに200日移動平均線を回復した。朝方は、9日の米国株高や円安・ドル高を受け、買い優勢で始まった。先物買いを交えて上げ幅を拡大し、いったん2万2300円台に乗せた。その後、しばらく上値の重い動きが続いたが、後場後半は円安歩調を支えに持ち直し、一時2万2321円60銭(前日比269円42銭高)まで上昇する場面があった。一巡後は売りに押され、大引けにかけて伸び悩んだ。

     東証1部の出来高は15億2212万株、売買代金は2兆6087億円。騰落銘柄数は値上がり932銘柄、値下がり1094銘柄、変わらず73銘柄。

     市場からは「米中貿易問題で新たな悪材料が出ず、買い戻しが続いている。日経平均は終値で200日線を超え、75日線にあと一歩と迫ったが、さらにリバウンドが進めば、戻り売りも出てくる」(準大手証券)との声が聞かれた。

     業種別では、経営統合で合意した出光興産 <5019> と昭シェル <5002> や、JXTG <5020> 、コスモエネH <5021> などの石油石炭製品株が上昇。住友鉱 <5713> 、フジクラ <5803> などの非鉄金属株や、日立 <6501> 、三菱電 <6503> 、安川電 <6506> などの電機株も堅調。郵船 <9101> 、商船三井 <9104> などの海運株も高い。

     半面、中部電 <9502> 、関西電 <9503> などの電気ガス株が軟調。京急 <9006> 、西武HD <9024> などの陸運株や、マルハニチロ <1333> などの水産農林株も安い。

     個別では、ヤフー <4689> 、東京個別 <4745> 、コジマ <7513> 、コーセーRE <3246> などの上げが目立った。半面、カプコン <9697> 、ラクトJ <3139> 、海洋掘削 <1606> (整理)、エスクロAJ <6093> などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、21業種が上昇した。

    -------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    日経平均 ; 22052.18 (+264.04、2日続伸)
    TOPIX ; 1711.79 (+20.25、2日続伸)
    JASDAQ指数 ; 3786.09 (+59.44、2日続伸)
    マザーズ  ; 1048.63 (+23.39、2日続伸)
    東証REIT ;1777.55 (+7.81、3日続伸)

    日経平均は2日続伸して、22,000円台を回復。私のPFも今日も概ね上昇しており、金曜と合わせてやっと一息つけたかなという感じです。・・・とは言え、まだ下落した分の半分も戻せていませんが(^^;

    -------------------------------

    日経平均は264円高と大幅続伸、2万2000円回復、米国株高好感に中国株高も支え=9日後場
    15時14分配信 モーニングスター

     9日の日経平均株価は前週末比264円04銭高の2万2052円18銭と大幅続伸。2万2000円回復は6月29日(終値2万2304円51銭)以来。朝方は、堅調な米雇用情勢を背景に前週末の米国株式が上昇した流れを好感し、買い優勢で始まった。株価指数先物にまとまった買い物が断続的に入り、堅調地合いとなった。時間外取引の米株価指数先物や中国・上海総合指数の上昇も支えとなり、後場前半には一時2万2105円95銭(前週末比317円81銭高)まで上昇する場面があった。その後は戻り売りにやや上値が重くなったが、高値圏で推移した。

     東証1部の出来高は12億2088万株、売買代金は2兆415億円。騰落銘柄数は値上がり1649銘柄、値下がり390銘柄、変わらず60銘柄。

     市場からは「権利行使価格2万2000円のプット(売る権利)・オプションに絡んで先物に買い戻しが入り、需給面で影響を与えたとみられる。買い戻しの流れが続くかが注目されるが、材料に乏しく、200日線や75日線が上値抵抗線として意識される」(準大手証券)との声が聞かれた。

     業種別では、クレセゾン <8253> 、オリックス <8591> などのその他金融株が上昇。エーザイ <4523> が連日のストップ高となり、第一三共 <4568> などの医薬品株も買われ、SUMCO <3436> 、LIXILG <5938> などの金属製品株も堅調。富士通 <6702> 、ソニー <6758> などの電機株や、ソフトバンク <9984> 、LINE <3938> などの情報通信株も高い。

     半面、マルハニチロ <1333> 、ホクト <1379> などの水産農林株が軟調。東レ <3402> 、オンワードH <8016> などの繊維製品株も売られ、日通 <9062> 、ヤマトHD <9064> などの陸運株も安い。

     個別では、ベステラ <1433> がストップ高となり、セ硝子 <4044> 、Hamee <3134> 、FIG <4392> 、エムアップ <3661> などの上げも目立った。半面、技研製 <6289> 、海洋掘削 <1606> (整理)、吉野家HD <9861> 、ミタチ産業 <3321> 、チヨダ <8185> などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、30業種が上昇した。

    -------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    忍者ブログ [PR]