忍者ブログ
直感重視の素人投資家、天地人の株日記です。株や経済に関するネタを中心に書いていく予定です。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
2
3 4 9
10 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[03/20 株式会社ゴゴジャン 桑原]
[01/20 エラ~]
[10/03 天地人]
[10/03 MGT]
[10/31 zerokabu田中]
[04/06 名無しの権兵衛さん]
[02/08 天地人]
[02/06 ゴーヤン]
[12/25 天地人]
[12/19 しお]
プロフィール
HN:
天地人
性別:
男性
自己紹介:
現在の所有銘柄
1383 ベルグアース
3633 GMOペパボ
3695 GMOリサーチ
6026 GMO TECH
6038 イード
6186 一蔵
7157 ライフネット生命保険
7177 GMOフィナンシャルHD
8789 フィンテックグローバル
8887 リベレステ

現在の優待銘柄
2406 アルテサロンホールディングス
9202 ANAホールディングス

現在の所有ETF
1328 金価格連動型
1343 東証REIT指数連動型
1541 純プラチナ上場信託
1542 純銀上場信託

現在の所有REIT
3227 MCUBS MidCity投資法人
3234 森ヒルズリート投資法人
3249 産業ファンド投資法人
3269 アドバンスレジデンス投資法人
3279 アクティビア・プロパティーズ
3282 コンフォリア・レジデンシャル
3283 日本プロロジスリート投資法人
3287 星野リゾート・リート投資法人
3290 Oneリート投資法人
3295 ヒューリックリート投資法人
3298 インベスコ・オフィス投資法人
3309 積水ハウス・リート投資法人
3451 トーセイ・リート投資法人
3453 ケネディクス商業リート
3463 いちごホテルリート投資法人
3466 ラサールロジポート投資法人
3468 スターアジア不動産投資法人
3471 三井不動産LP投資法人
3472 大江戸温泉リート投資法人
3473 さくら総合リート投資法人
3476 投資法人みらい
3478 森トラストホテルリート投資法人
3481 三菱地所物流リート投資法人
3487 CREロジスティクス投資法人
3488 ザイマックス・リート投資法人
3492 タカラレーベン不動産投資法人
3493 アドバンス・ロジスティクス
8955 日本プライムリアルティ
8957 東急リアルエステート投資法人
8960 ユナイテッド・アーバン投資法人
8961 森トラスト総合リート投資法人
8963 インヴィンシブル投資法人
8964 フロンティア不動産投資法人
8967 日本ロジスティクス投資法人
8975 いちごオフィスリート投資法人
8979 スターツプロシード投資法人
8984 大和ハウスリート投資法人
8985 ジャパンホテルリート投資法人
8986 日本賃貸住宅投資法人
9281 タカラレーベン・インフラ
9282 いちごグリーンインフラ
9286 エネクス・インフラ投資法人

現在の所有外貨建MMF


現在の重点監視銘柄
3963 シンクロ・フード
6541 グレイステクノロジー
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
Twitter
    follow me on Twitter
    忍者おまとめボタン

    2015年2月(2/2~2/27)の月間売買状況のデータです。NY市場が10-12月期のGDP速報値を受けて下落した事で、月初めは下落してスタートしましたが、週末に発表された米雇用統計が好調だった事で円安株高に転換。その後もユーロ圏によるギリシャ金融支援の延長決定や、イエレンFRB議長が利上げを急がないと表明するなど、株式市場を支援する材料が続き、3週連続で上昇して月末には18,700円台に到達しました。

    【東証一部】(日経平均株価 1/30:17674.39→2/27:18797.94)

    証自(14%)  買;8兆4214億    売;6兆8663億   差引;+1兆5551億
    法人(7%)    買;4兆541億      売;3兆8819億   差引;+1722億
    個人(17%)  買;8兆4299億    売;10兆800億   差引;-1兆6502億
    外人(60%)  買;31兆9208億  売;31兆7444億 差引;+1764億
    証委(1%)    買;5142億         売;6227億         差引;-1085億
    合計(100%)買;53兆3404億  売;53兆1954億  差引;+1450億

    【ジャスダック】(ジャスダック指数 1/30:2356.70→2/27:2434.03)

    証自(2%)    買;262億         売;258億           差引;+4億
    法人(3%)    買;425億         売;424億           差引;+1億
    個人(68%)  買;8410億       売;8510億         差引;-100億
    外人(23%)  買;2917億       売;2804億         差引;+113億
    証委(4%)  買;468億         売;465億           差引;+3億
    合計(100%) 買;1兆2481億  売;1兆2461億    差引;+21億

    まずは東証一部。証券会社は3ヶ月ぶり、しかも1兆5000億円を超える大幅な買い越し転換。外人も小幅ながら買い越し転換で、大人勢が揃って買い越しに転換しました。子供勢は法人は2ヶ月連続の買い越し継続、一方で個人が大幅な売り越し転換。証券会社だけが猛烈に買ってきている所が、いつもと様子が違いますね。2ヶ月連続でここ最近ない動向になっていますので、何か大きなトレンド変化の前振れなのかもしれません。

    続いてジャスダック。こちらは個人が売り越しに転換、外人が3ヶ月ぶりに買い越しに転換し、主力2主体の動向がまた入れ替わりました。証券会社と法人は買い越しに転換・・・ですが、少額なのであまり影響はないですかね。相変わらずあまりトレンドが定まらないなという感じです。

    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    PR

    2015年1月(1/5~1/30)の月間売買状況のデータです。大発会こそ小幅安での静かなスタートでしたが、その後はギリシャのユーロ離脱懸念の高まり、原油価格の更なる下落、スイスフラン暴騰などいくつもの要因が重なり、月前半で日経平均は17,000円割れまで下落しましたが、逆に月後半はECB理事会による量的緩和の決定や、米国で指標が冴えない事で逆に早期の利上げ懸念の後退など、相場を支援する材料が重なり、月間では日経平均は上昇して2015年のスタートを切りました。

    【東証一部】(日経平均株価 12/30:17450.77→1/30:17674.39)

    証自(13%)  買;5兆9572億    売;6兆1831億   差引;-2259億
    法人(6%)    買;3兆3233億    売;2兆5591億   差引;+7642億
    個人(16%)  買;7兆6302億    売;7兆2958億   差引;+3344億
    外人(63%)  買;28兆5237億  売;29兆4013億 差引;-8776億
    証委(1%)    買;4637億         売;4521億         差引;+116億
    合計(100%)買;45兆8981億  売;45兆8914億  差引;+67億

    【ジャスダック】(ジャスダック指数 12/30:2363.94→1/30:2356.70)

    証自(2%)    買;273億         売;273億           差引;-0.5億
    法人(3%)    買;416億         売;433億           差引;-17億
    個人(67%)  買;1兆1123億  売;1兆971億     差引;+152億
    外人(25%)  買;4005億        売;4125億        差引;-120億
    証委(4%)  買;604億         売;588億           差引;+16億
    合計(100%) 買;1兆6421億  売;1兆6391億    差引;+30億

    まずは東証一部。証券会社は2ヶ月連続の売り越し、そして外人が大幅な売り越しに転換し、大人勢が揃って売り越し。一方で個人が3ヶ月ぶりに買い転換し、2ヶ月連続買い越しの法人と子供勢が揃って買い越し。大人勢の売り VS 子供勢の買い といういつもだと下げるパターンなのですが、今回は指数が上げているので、いつもとはちょっと様子が違うんでしょうか。来月の動向に注目ですね。

    続いてジャスダック。個人が3ヶ月ぶりに買い越しに転換。外人が2ヶ月連続の売り越しで主力2主体は売り買いで分かれましたね。前月買いに回った証券会社は、小幅ですが早々に売り越しに転換。法人も5ヶ月ぶりに売り転換しました。今年は証券会社に注目と12月に書いていましたが、いつもの売りスタートでしたね(^^;

    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    2014年12月(12/1~12/30)の月間売買状況のデータです。月初めは10月、11月からの好調な流れが続き、ついに日経平均が一時18,000円台に到達。しかし、これから・・・という所で、原油価格の急落とロシアのルーブル急落が発生。一気に16,700円台まで調整した後、原油価格の落ち着きと共に値を戻し、年末には再度18,000円台に接近しますが、最後はあと一歩の所で届かず。上下に忙しい相場でしたが、終値はほぼ前月と変わらずの水準でした。

    【東証一部】(日経平均株価 11/28:17459.85→12/30:17450.77)

    証自(16%)  買;8兆1187億    売;9兆589億     差引;-9402億
    法人(7%)    買;4兆3025億    売;3兆2087億   差引;+1兆938億
    個人(19%)  買;9兆9190億    売;10兆1290億 差引;-2099億
    外人(56%)  買;29兆7689億  売;29兆5396億 差引;+2292億
    証委(1%)    買;6128億         売;6347億         差引;-219億
    合計(100%)買;52兆7219億  売;52兆5709億  差引;+1510億

    【ジャスダック】(ジャスダック指数 11/28:2359.52→12/30:2363.94)

    証自(3%)    買;445億         売;433億           差引;+12億
    法人(4%)    買;665億         売;633億           差引;+32億
    個人(70%)  買;1兆1726億  売;1兆1737億   差引;-11億
    外人(20%)  買;3399億        売;3440億        差引;-40億
    証委(3%)  買;583億         売;584億           差引;-1億
    合計(100%) 買;1兆6818億  売;1兆6827億    差引;-8億

    まずは東証一部。まず証券会社が大幅売り越しに転換、一方で法人が大幅買い越しに転換。法人は信託銀行が5970億円の大幅買い越しで、これが効いてますね。外人は2ヶ月連続の買い越し継続、個人は2ヶ月連続の売り越し継続。前月は大人勢が大量買い越しでしたから、その勢いは止まったものの、外人が買い越した事で底堅い相場だったという見方になるでしょうか。

    続いてジャスダック。個人が2ヶ月連続の売り越し、そして外人も売り越しに転換し、主要2主体が揃って売り越し。こちらも買ってるのは法人で4ヶ月連続の買い越し、中身も同じで信託銀行が40億円の買い越し。あとは証券会社が再度買い越しに転換、証券会社は20ヶ月連続の売り越しから、ようやく買いに転じてきているのかもしれませんね。2015年はその辺流れが変わるかもしれないので、しっかりウォッチしていきたいと思います。

    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    2014年11月(11/4~11/28)の月間売買状況のデータです。月前半は10月末の日銀のサプライズ緩和をきっかけとした買いが継続し、日経平均は一気に2007年10月以来の17,400円台まで上昇。7-9月期のGDP速報値が予想外のマイナス成長となり、冷やっとする下げ局面もありましたが、すぐに反発して月末まで高値圏を維持しました。

    【東証一部】(日経平均株価 10/31:16413.75→11/28:17459.85)

    証自(14%)  買;8兆1798億    売;7兆2043億   差引;+9756億
    法人(8%)    買;4兆3781億    売;4兆4167億   差引;-386億
    個人(17%)  買;8兆6407億    売;10兆6292億 差引;-1兆9886億
    外人(59%)  買;33兆4217億  売;32兆1611億 差引;+1兆2606億
    証委(1%)    買;5622億         売;7252億         差引;-1630億
    合計(100%)買;55兆1826億  売;55兆1365億  差引;+461億

    【ジャスダック】(ジャスダック指数 10/31:2260.23→11/28:2359.52)

    証自(3%)    買;349億         売;379億           差引;-30億
    法人(4%)    買;491億         売;465億           差引;+27億
    個人(65%)  買;8395億       売;8421億         差引;-26億
    外人(25%)  買;3262億        売;3241億        差引;+21億
    証委(3%)  買;444億         売;443億           差引;+0.4億
    合計(100%) 買;1兆2941億  売;1兆2949億    差引;-8億

    まずは東証一部。証券会社と外人が揃って買い越しに転換。しかも両者とも1兆円に迫る大量の買い越し。日銀のサプライズ緩和を受け、大人勢が大量に買い越してきた事で上昇につながったという結果が顕著に出ていますね。一方で法人と個人の子供勢が揃って売り越しに転換・・・とは言え、金額ベースで見るとほぼ個人が単独で売り越しですね。2兆円近い、とんでもない売り越し金額になっています。

    続いてジャスダック。個人が6ヶ月ぶりに売り越しに転換、外人が5ヶ月ぶりに買い越しに転換し、久々にトレンドに変化がありました。ただ売買金額があまり盛り上がっていない状況でもあり、12月以降も見てみないと何とも・・・という感じですね。その他の主体は、前月20ヶ月ぶりに買い転換した証券会社が早々に売り越しに転換、法人は3ヶ月連続の買い越しでした。

    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    2014年10月(9/29~10/31)の月間売買状況のデータです。香港での民主化デモ拡大、ドイツやアメリカの各種指標の悪化、IMFの世界経済の成長予測の下方修正、ハイイールド債券市場の下落など、悪材料がいくつも重なる中でリスクオフの流れとなり、日経平均は16,000円台から一気に14,500円台まで急落。が、月末に日銀がサプライズの追加金融緩和を発表すると一転急騰!終わってみれば月足はプラスになっているという激しい相場展開になりました。

    【東証一部】(日経平均株価 9/26:16229.86→10/31:16413.75)

    証自(14%)  買;7兆7997億    売;8兆6444億   差引;-8447億
    法人(7%)    買;4兆6994億    売;3兆6089億   差引;+1兆905億
    個人(16%)  買;9兆2875億    売;9兆1559億   差引;+1316億
    外人(62%)  買;36兆3877億  売;36兆7386億 差引;-3509億
    証委(1%)    買;6525億         売;6487億         差引;+39億
    合計(100%)買;58兆8269億  売;58兆7965億  差引;+304億

    【ジャスダック】(ジャスダック指数 9/26:2339.58→10/31:2260.23)

    証自(2%)    買;362億         売;331億           差引;+31億
    法人(3%)    買;546億         売;469億           差引;+77億
    個人(66%)  買;1兆547億    売;1兆502億     差引;+45億
    外人(25%)  買;3968億        売;4146億         差引;-177億
    証委(4%)  買;610億         売;603億           差引;+8億
    合計(100%) 買;1兆6034億  売;1兆6050億    差引;-16億

    まずは東証一部。証券会社と外人が揃って売り越しに転換。最終週に買い戻しがありましたけど、月前半はずっと売っていたので、こんな物かなと思います。一方で、法人と個人は買い越しに転換。個人は7ヶ月ぶりの買い越しという事で、下落相場で久々に個人の出番が来たという感じでしょうか。

    続いてジャスダック。こちらは証券会社が実に20ヶ月ぶりの買い越し転換!法人も買い越しに転換し、個人が5ヶ月連続の買い越しで国内勢が揃って買い越し。一方で外人が4ヶ月連続の売り越しで、国内勢の買い VS 外人の売りでした。証券会社の買い転換というサプライズ(?)はあったものの、引き続き個人買い、外人売りのトレンドが継続してます。

    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    2014年9月(9/1~9/26)の月間売買状況のデータです。ECBのサプライズ利下げで波乱含みのスタートかと思われましたが、為替市場で円安が進むにつれて日経平均は上昇。月中のFOMCで、ゼロ金利を当面維持する方針である事が確認されると更に値を伸ばし、日経平均が16,000円を突破して16,300円台に乗せ、6年10ヶ月ぶりの高値に到達しました。

    【東証一部】(日経平均株価 8/29:15424.59→9/26:16229.86)

    証自(15%)  買;6兆1651億    売;5兆5616億   差引;+6035億
    法人(7%)    買;2兆6374億    売;3兆554億     差引;-4180億
    個人(20%)  買;7兆3799億    売;8兆1395億   差引;-7596億
    外人(57%)  買;22兆7946億  売;22兆1836億 差引;+6110億
    証委(1%)    買;4649億         売;5068億         差引;-418億
    合計(100%)買;39兆4419億  売;39兆4469億  差引;-49億

    【ジャスダック】(ジャスダック指数 8/29:2292.08→9/26:2339.58)

    証自(2%)    買;257億         売;273億           差引;-16億
    法人(3%)    買;446億         売;486億           差引;-40億
    個人(69%)  買;1兆489億    売;1兆413億     差引;+76億
    外人(23%)  買;3434億        売;3477億         差引;-43億
    証委(4%)  買;579億         売;572億           差引;+7億
    合計(100%) 買;1兆5206億  売;1兆5221億    差引;-16億

    まずは東証一部。証券会社が4ヶ月連続の買い越し、そして外人が買い越しに転換。一方で法人が5ヶ月ぶりに売り越しに転換、個人は6ヶ月連続の売り越し。証券会社、外人の両者ともまとまった額の買い越しで、大人勢の買いが相場を押し上げた一ヶ月でした。

    続いてジャスダック。いつも通り証券会社は売り越し継続で、19ヶ月連続の売り越し。主力の2主体は変わらず、個人が4ヶ月連続の買い越し、そして外人が3ヶ月連続の売り越し。法人が2ヶ月連続の売り越し。こちらは個人買い、外人売りのトレンドが定着しつつありますかね。

    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    2014年8月(8/4~8/29)の月間売買状況のデータです。8月は1週目からイラク情勢やウクライナ情勢の緊迫化で急落し、日経平均が一週間で800円も下落する波乱含みのスタートとなりましたが、ウクライナ情勢が落ち着くと一転株高に転じ、日経平均はその後9連騰。最後は15,500円台の壁に阻まれましたが、ほぼ7月末の水準まで戻しました。

    【東証一部】(日経平均株価 8/1:15523.11→8/29:15424.59)

    証自(13%)  買;4兆8727億    売;4兆7554億   差引;+1174億
    法人(7%)    買;2兆5756億    売;2兆2672億   差引;+3084億
    個人(20%)  買;7兆3898億    売;7兆3904億   差引;-6億
    外人(59%)  買;21兆6648億  売;22兆511億   差引;-3863億
    証委(1%)    買;4127億         売;4217億         差引;-90億
    合計(100%)買;36兆9156億  売;36兆8857億  差引;+299億

    【ジャスダック】(ジャスダック指数 8/1:2204.23→8/29:2292.08)

    証自(2%)    買;292億         売;301億           差引;-8億
    法人(3%)    買;517億         売;528億           差引;-11億
    個人(69%)  買;1兆1905億  売;1兆1838億   差引;+68億
    外人(23%)  買;3904億        売;3970億         差引;-65億
    証委(4%)  買;632億         売;627億           差引;+5億
    合計(100%) 買;1兆7251億  売;1兆7263億    差引;-12億

    まずは東証一部。証券会社は3ヶ月連続の買い越しでしたが、外人が売り越しに転換。指数も月間でマイナスでしたが、やっぱり外人売りが効いていたんですかね。法人は4ヶ月連続の買い越し、個人は少額ですが5ヶ月連続の売り越しでした。個人は上昇中は一貫して売りですね(^^;

    続いてジャスダック。証券会社が今月も売り越し記録を更新し、これで18ヶ月連続。このまま24ヶ月を目指して突っ走るのか・・・まあ金額が少ないのであまり影響はなさそうですが。主力どころは、個人が3ヶ月連続の買い越し、外人が2ヶ月連続の売り越し。そして法人は3ヶ月ぶりに売り越しに転換。引き続き個人の買いが相場を支えている・・・んでしょうか!?

    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    2014年7月(6/30~8/1)の月間売買状況のデータです。月前半の5月機械受注統計に始まり、ウクライナやイラク情勢など地政学的リスクの高まり、ポルトガルやアルゼンチンの信用不安など、内外で色々不安材料はありましたが、株価は比較的底堅く・・・かと言って上にも抜けられず、月中は15,000円~15,500円の間を推移し、最終週にようやく15,500円を超えて終えた一ヶ月でした。

    【東証一部】(日経平均株価 6/27:15095.00→8/1:15523.11)

    証自(14%)  買;6兆1468億    売;6兆1094億   差引;+375億
    法人(7%)    買;3兆3664億    売;3兆2051億   差引;+1613億
    個人(21%)  買;9兆2185億    売;9兆8781億   差引;-6595億
    外人(57%)  買;25兆8947億  売;25兆3479億 差引;+5468億
    証委(1%)    買;4935億         売;5410億         差引;-475億
    合計(100%)買;45兆1199億  売;45兆814億    差引;+385億

    【ジャスダック】(ジャスダック指数 6/27:2134.41→8/1:2204.23)

    証自(2%)    買;389億         売;436億           差引;-47億
    法人(3%)    買;669億         売;665億           差引;+4億
    個人(70%)  買;1兆8327億  売;1兆7945億   差引;+382億
    外人(21%)  買;5156億        売;5519億         差引;-363億
    証委(5%)  買;1183億       売;1173億          差引;+10億
    合計(100%) 買;2兆5724億  売;2兆5739億    差引;-14億

    まずは東証一部。証券会社と外人の大人勢が買い越し継続、法人も3ヶ月連続の買い越し。売りは個人のみでこれで4ヶ月連続の売り越しとなりました。何だかんだで月で見ると外人がそこそこ買い越していて、指数もそれなりに上がったというのが実態なんでしょうかね。

    続いてジャスダック。証券会社は売り越し記録を17ヶ月連続に更新。法人が再度買い越しに転換。個人は2ヶ月連続の買い越しでしたが、外人が売り越しに転換し、主力2主体の買い揃い踏みとはなりませんでした。やっぱりどちらかが買えば、どちらかが売る、という事になるようです。東証一部と違って個人が相場を引っ張っているのは良い事なんですかね。シェアから言ったら個人が買った方が良いんでしょうけども、ちょっとその辺まだ分からない感じです。

    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    2014年6月(6/2~6/27)の月間売買状況のデータです。米国市場が絶好調でダウやS&P500指数が高値更新を続ける中、日経平均も上昇して15,000円台を回復しましたが、その後はウクライナやイラク情勢の緊迫化という外的要因と、追加金融緩和の期待後退という内的要因から上値が重く、15,000円を超えたあたりで停滞した1ヶ月でした。

    【東証一部】(日経平均株価 5/30:14632.38→6/27:15095.00)

    証自(15%)  買;6兆4189億    売;6兆154億     差引;+4035億
    法人(7%)    買;3兆652億      売;3兆616億     差引;+36億
    個人(19%)  買;7兆5325億    売;8兆4940億   差引;-9615億
    外人(57%)  買;23兆9967億  売;23兆4228億 差引;+5739億
    証委(1%)    買;5006億         売;5566億         差引;-560億
    合計(100%)買;41兆5138億  売;41兆5503億  差引;-365億

    【ジャスダック】(ジャスダック指数 5/30:2008.28→6/27:2134.41)

    証自(2%)    買;353億         売;370億           差引;-16億
    法人(3%)    買;588億         売;643億           差引;-56億
    個人(71%)  買;1兆5909億  売;1兆5893億   差引;+16億
    外人(19%)  買;4315億        売;4278億         差引;+37億
    証委(6%)  買;1291億       売;1291億          差引;+0.2億
    合計(100%) 買;2兆2456億  売;2兆2475億    差引;-19億

    まずは東証一部。前月売り転換していた大人勢が揃って買い越しに転換。法人は買い越し継続で、売りは3ヶ月連続売り越しの個人のみでした。5月後半から雰囲気は良くなっていましたが、6月は大人勢が揃って買いに回り、実も伴ってきた感じですかね。

    続いてジャスダック。証券会社は16ヶ月連続の売り越しですが、法人が少額ではありますが12ヶ月ぶりに売り越しに転換。個人が買い越し転換、外人が買い越し継続で珍しく主力が揃って買い越しですね。遡って調べてみると、個人、外人が揃って買い越したのは2013年6月以来のようです(^^; この2主体が買い越しで出来高も増えれば面白そうなんですけどね。来月も注目です。

    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    2014年5月(4/28~5/30)の月間売買状況のデータです。4月後半から始まった決算発表は企業によってまちまちで決定打とはならず、海外市場はNY市場が堅調だったものの、国内では追加金融緩和への期待の後退と消費増税後への懸念から売りが続き、月中に一時14,000円割れ目前まで下落。新興市場が大幅安となった19日を底として月後半は反転し、一気に上昇して日経平均は今年初の陽線となりました。

    【東証一部】(日経平均株価 4/25:14429.26→5/30:14632.38)

    証自(14%)  買;5兆8691億    売;6兆624億     差引;-1933億
    法人(7%)    買;3兆4988億    売;2兆6133億   差引;+8855億
    個人(16%)  買;6兆6187億    売;7兆1603億   差引;-5416億
    外人(61%)  買;26兆1791億  売;26兆2800億 差引;-1009億
    証委(1%)    買;4912億         売;5284億         差引;-371億
    合計(100%)買;42兆6569億  売;42兆6443億  差引;+126億

    【ジャスダック】(ジャスダック指数 4/25:1973.96→5/30:2008.28)

    証自(2%)    買;307億         売;318億           差引;-11億
    法人(3%)    買;735億         売;467億           差引;+269億
    個人(70%)  買;1兆3398億  売;1兆3802億   差引;-404億
    外人(18%)  買;3619億        売;3461億         差引;+158億
    証委(6%)  買;1242億       売;1256億          差引;-13億
    合計(100%) 買;1兆9302億  売;1兆9303億    差引;-1億

    まずは東証一部。前月買い越し揃い踏みだった大人勢が揃って売り越しに転換。個人も2ヶ月連続の売り越しで、買いは6ヶ月ぶりに買い転換した法人のみでした。その買い越しの中身を見てみると、信託銀行が断トツで6833億円の買い越し。指数がかなり下げたのと、新年度でリバランスの買いがあったのかもしれませんね。指数は反発したものの、大人勢が揃って売っているような状況なので、まだ楽観は禁物という状況だと思います。

    続いてジャスダック。証券会社はこれで15ヶ月連続の売り越し、法人は11ヶ月連続の買い越し、この2者だけはブレませんが、主力の2主体は個人が売り越し転換、外人が買い越し転換でまたも入れ替わり。月中幅広い銘柄が売られるシーンがあったので、その辺が個人の売りだったのかもしれませんね。

    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    忍者ブログ [PR]