忍者ブログ
直感重視の素人投資家、天地人の株日記です。株や経済に関するネタを中心に書いていく予定です。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
4
5 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[03/20 株式会社ゴゴジャン 桑原]
[01/20 エラ~]
[10/03 天地人]
[10/03 MGT]
[10/31 zerokabu田中]
[04/06 名無しの権兵衛さん]
[02/08 天地人]
[02/06 ゴーヤン]
[12/25 天地人]
[12/19 しお]
プロフィール
HN:
天地人
性別:
男性
自己紹介:
現在の所有銘柄
2193 クックパッド
3633 GMOペパボ
3695 GMOリサーチ
6038 イード
6186 一蔵
7157 ライフネット生命保険
7177 GMOフィナンシャルHD
8789 フィンテックグローバル
8887 リベレステ

現在の優待銘柄
2406 アルテサロンホールディングス

現在の所有ETF
1343 東証REIT指数連動型

現在の所有REIT
2971 エスコンジャパンリート
3227 MCUBS MidCity投資法人
3234 森ヒルズリート投資法人
3249 産業ファンド投資法人
3269 アドバンスレジデンス投資法人
3279 アクティビア・プロパティーズ
3282 コンフォリア・レジデンシャル
3283 日本プロロジスリート投資法人
3287 星野リゾート・リート投資法人
3290 Oneリート投資法人
3295 ヒューリックリート投資法人
3298 インベスコ・オフィス投資法人
3309 積水ハウス・リート投資法人
3451 トーセイ・リート投資法人
3453 ケネディクス商業リート
3463 いちごホテルリート投資法人
3466 ラサールロジポート投資法人
3468 スターアジア不動産投資法人
3471 三井不動産LP投資法人
3472 大江戸温泉リート投資法人
3473 さくら総合リート投資法人
3476 投資法人みらい
3478 森トラストホテルリート投資法人
3481 三菱地所物流リート投資法人
3487 CREロジスティクス投資法人
3488 ザイマックス・リート投資法人
3492 タカラレーベン不動産投資法人
3493 アドバンス・ロジスティクス
8953 日本リテールファンド
8955 日本プライムリアルティ
8957 東急リアルエステート投資法人
8960 ユナイテッド・アーバン投資法人
8961 森トラスト総合リート投資法人
8963 インヴィンシブル投資法人
8964 フロンティア不動産投資法人
8967 日本ロジスティクス投資法人
8975 いちごオフィスリート投資法人
8979 スターツプロシード投資法人
8984 大和ハウスリート投資法人
8985 ジャパンホテルリート投資法人
8986 日本賃貸住宅投資法人
9281 タカラレーベン・インフラ
9282 いちごグリーンインフラ
9286 エネクス・インフラ投資法人

現在の所有外貨建MMF


現在の重点監視銘柄
3963 シンクロ・フード
6541 グレイステクノロジー
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
Twitter
    follow me on Twitter
    忍者おまとめボタン
    日経平均 ; 16552.83 (-173.72、2日続落)
    TOPIX ; 1283.22 (+12.38、3日続伸)
    JASDAQ指数 ; 2784.83 (-62.67
    マザーズ  ; 557.86 (-28.77、2日続落)
    東証REIT ;1145.53 (-260.16、6日続落)

    昨晩のNY市場は大幅安!もはやダウが1000ドルを超えて下げてもびっくりしなくなりましたが・・・。朝方にECBが資産買い入れ策を発表し、朝方の日本市場はプラスでスタートしましたが日中は売りが膨らみマイナスに転換し、そのままマイナス引けでした。TOPIXはプラスでセクター毎に強弱が分かれた相場だったようですね。

    今日は何と言っても東証REIT市場でしょう。前日比-18.5%、上位銘柄のほとんどがストップ安!!!分配金利回り10%を超える銘柄がわんさか、完全に崩壊状態です。今日がセリクラじゃなかったら泣きますよこれは・・・。

    私は後場に1383 ベルグアース全株と9202 ANAホールディングスの残りを売却。その資金を全てリートに突っ込みました。それでも私が後場に買ってから5-10%下げる銘柄もあるという地獄のような相場。市場が崩壊すると利回りも全く当てになりませんな・・・勉強代が非常に高く付きました。ちゃんと計算していませんが、投資を始めてから10年余りで今日は1日で最大の損失額になったと思います。リーマンショックも食らっていますが、当時は資産が今よりずっと小さかったので・・・。

    今日損切り&ナンピンしたリート銘柄は、エスコンジャパンリート、MCUBS Midcity、森ヒルズリート、アドバンスレジデンス、アクティビアプロパティーズ、星野リゾートリート、Oneリート、ヒューリックリート、インベスコ・オフィス、積水ハウスリート、トーセイリート、ケネディクス商業リート、いちごホテルリート、スターアジア、大江戸温泉リート、さくら総合リート、投資法人みらい、ザイマックスリート、森トラストホテルリート、タカラレーベンリート、日本プライムリアルティ、東急リアルエステート、ユナイテッドアーバン、森トラスト総合リート、インヴィンシブル、フロンティア、日本ロジスティクス、いちごオフィスリート、日本賃貸住宅、コンフォリア・レジデンシャル、CREロジスティクス、ジャパンホテルリート。あと1銘柄、日本リテールファンドに参戦しました、ストップ安でしたね。。。

    -----------------------------------

    日経平均は173円安と続落し連日で昨年来安値を更新、3連休控えで積極的な売買は限られる=19日後場
    15:47 配信  モーニングスター

     19日の日経平均株価は、前日比173円72銭安の1万6552円83銭と続落し、連日で昨年来安値を更新して取引を終了した。朝方は、ECB(欧州中央銀行)による資産買い入れ策の発表をきっかけに、時間外取引で米株価指数先物が上昇したことから買いが先行した。ただ、戻り待ちの売りに押され下げに転じるなど、不安定な動きとなり、午後1時ちょうどには、同368円36銭安の1万6358円19銭ときょうの安値を付けた。その後は、下げ幅を縮小する動きとなったが、3連休控えで積極的な売買は限られた。為替市場では、ドル・円相場が一時1ドル=109円50銭台(18日終値は107円41-43銭)を付けるなど、大幅に円安方向へ振れたものの、反応は限定的だった。東証1部の出来高は30億1769万株、売買代金は4兆6853億円。騰落銘柄数は値上がり1141銘柄、値下がり1001銘柄、変わらず24銘柄だった。

     市場では「日経平均株価が前場に400円を超える上昇をみせた後、一転して後場には360円強の下げをみせるなど、値動きの荒さから売買しづらく、様子見ムードが強まったようだ」(中堅証券)との声が聞かれた。

     業種別では、クレセゾン <8253> 、オリックス <8591> などのその他金融株や、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株が下落。AGC <5201> 、ガイシ <5333> などのガラス土石株や、電通グループ <4324> 、リクルートHD <6098> などのサービス株も安い。三菱倉 <9301> 、上組 <9364> などの倉庫運輸株や、日立 <6501> 、キーエンス <6861> などの電機株も軟調。日本製鉄 <5401> 、JFE <5411> などの鉄鋼株や、三菱地所 <8802> 、平和不 <8803> などの不動産株も下げた。東証業種別指数は、20業種が上昇、13業種が下落した。

     個別では、UTグループ <2146> 、TBASE <3415> 、IBJ <6071> 、Hamee <3134> 、シークス <7613> などが下落。半面、ぴあ <4337> 、日医工 <4541> 、マニー <7730> 、ゴールドクレ <8871> 、アルフレッサ <2784> などが上昇した。

    -----------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ 

    拍手

    PR
    日経平均 ; 17011.53 (+9.49
    TOPIX ; 1268.46 (+32.12
    JASDAQ指数 ; 2827.26 (+17.36、2日続伸)
    マザーズ  ; 593.75 (+34.21
    東証REIT ;1530.43 (-17.95、4日続落)

    昨晩のNY市場はダウが3000ドルに迫る大幅安で大暴落!・・・とは言え、これだけ下げてもダウはまだ20,000ドルですから、まだ下げ余地は十分ある感じで嫌ですね(>_<)

    日経平均も朝方は売り先行で一時は16,300円台まで下落、その後買い戻しが入って今度は17,500円台まで反発。終わってみればほぼ前日水準と上に下にと乱高下の1日でした。新興市場は売られすぎた銘柄を中心に少しずつ買いが入っている感じですが、東証REIT市場、特にホテルリート系は今日も死亡状態で連日10%クラスの下げが続いています。機関投資家などプロの資金が多いので、新興の個人のように支えるものがなくフリーフォール状態なのかもしれませんね。

    今日も前場更に売られたリート銘柄の損切り&ナンピンを実施。資金がないのでまず優待目的保有の9202 ANAホールディングスの大半を売却し、資金を確保。その上でアクティビアプロパティーズ、ヒューリックリート、ケネディクス商業リート、森トラスト総合リート、フロンティア、日本プライムリアリティ、ユナイテッドアーバン、星野リゾートリート、大江戸温泉リート、いちごホテルリート、森トラストホテルリート、ジャパンホテルリートを損切り&ナンピンしました。

    もう売るものがなくなってきましたが、これ以上下がった場合は、更に何かを売って何かを買うという苦しい選択をしていく事になるので、各銘柄の精査を進めておきたいと思います。。。

    -----------------------------------

    日経平均は9円高と5日ぶり小反発、乱高下後は方向感に欠ける=17日後場
    15:20 配信  モーニングスター

     17日後場の日経平均株価は前日比9円49銭高の1万7011円53銭と5営業日ぶりに小反発。朝方は、新型コロナウイルスの感染拡大による世界景気の減速懸念が一段と強まり、16日の欧米株式が急落した流れを受け、前場の早い段階で1万6378円94銭(前日比623円10銭安)まで値を崩した。一巡後は、円安歩調とともに時間外取引の米株価指数先物の上昇を支えに上げに転じ、一時1万7557円04銭(同555円00銭高)まで大きく切り返す場面があった。その後急速に伸び悩み、再度マイナス圏入りした。後場は、日銀のETF(上場投資信託)買い思惑もあってプラス浮上して始まったが、買いは限定的で、次第に上値が重くなり、大引けにかけて前日終値近辺でもみ合った。乱高下後は総じて方向感に欠ける展開だった。

     東証1部の出来高は30億6517万株、売買代金は4兆3713億円。騰落銘柄数は値上がり1874銘柄、値下がり273銘柄、変わらず19銘柄。

     業種別では、王子HD <3861> 、レンゴー <3941> などのパルプ紙株や、東電力HD <9501> 、大ガス <9532> などの電気ガス株が堅調。日水 <1332> 、マルハニチロ <1333> などの水産農林株も買われた。東武 <9001> 、京急 <9006> などの陸運株や、近鉄エクス <9375> 、住友倉 <9303> などの倉庫運輸関連株も高い。日本製鉄 <5401> 、JFE <5411> 、神戸鋼 <5406> などの鉄鋼株や、任天堂 <7974> 、ピジョン <7956> などのその他製品株も値を上げた。

     個別では、ファイズHD <9325> 、エニグモ <3665> がストップ高となり、ラクスル <4384> 、鶴見製 <6351> 、ダイヤHD <6699> などの上げが目立った。半面、ランビジネス <8944> がストップ安となり、ミサワ <3169> 、ひらまつ <2764> 、UTグループ <2146> 、KHネオケム <4189> などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、31業種が上昇した。

    -----------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ 

    拍手

    日経平均 ; 17002.04 (-429.01、4日続落)
    TOPIX ; 1236.34 (-25.36、4日続落)
    JASDAQ指数 ; 2809.90 (+26.12
    マザーズ  ; 559.54 (-5.77、4日続落)
    東証REIT ;1548.38 (-47.92、3日続落)

    日経平均は大幅続落。前週末のNY市場は歴史的な大幅高だったのですが、週末にトランプ大統領が非常事態宣言、週明け寄り前に米FRBが緊急利下げを発表と、ただならぬ雰囲気になってしまい前週末のお祭りムードから一転、日経平均は寄りこそ高かったもののその後は売りが優勢となり、止めは日銀発表後の追加金融緩和・ETF買い入れ発表後に急落し、4日続落で17,000円割れギリギリまで下落しました。

    新興市場が反発してくれたので、私のポートフォリオも一応プラスになりましたが、東証REIT市場は相変わらず下げがきつく、特にホテルリートはここまで来てまだ売るの?という感じで更に売られました。ジャパンホテルリートの利回りはついに9%!!!もう怖いけど目をつぶって買いまくれば良い水準ではないかと思うのですが、投資は自己責任で・・・(^^;

    今日はそれでもジャパンホテルリートとユナイテッドアーバンを少し買い増し。先週書いた通りもう手元資金がほとんどないので、これからは銘柄を絞って少しずつ買います予定、一応ボロボロ状態のホテルリート系を優先的に買うつもりです。

    -----------------------------------

    日経平均は429円安と大幅に4日続落、日銀緩和で一時上昇も、一巡後は下げ幅拡大=16日後場
    15:22 配信 モーニングスター

     16日後場の日経平均株価は前週末比429円01銭安の1万7002円04銭と大幅に4営業日続落。朝方は、13日の米国株式の急騰や15日の米緊急利下げなどを受け、買い優勢で始まったが、一巡後は時間外取引の米株価指数先物の下落などが重しとなり、いったん下げに転じた。その後は、しばらく前週末終値を挟んで総じて方向感の乏しい展開が続いた。きょう前倒しで開催された日銀金融政策決定会合で日銀は午後2時過ぎに追加緩和を決定、ETF(上場投資信託)の買い入れ枠を上限12兆円に増額することなどを発表し、これを受け、一時1万7785円76銭(前週末比354円71銭高)まで上昇する場面もあったが、買いは続かず再び軟化。下げ幅を拡大し、大引け近くに1万6914円45銭(同516円60銭安)まで下落した。

     東証1部の出来高は23億4569万株、売買代金は3兆3191億円。騰落銘柄数は値上がり1019銘柄、値下がり1098銘柄、変わらず49銘柄。

     市場からは「日銀のETF購入枠倍増にマイナス金利の深堀なしで満額回答と言えるが、結果的にアナウンス効果しかなかった。投機筋は材料出尽くしの反応だ。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大ペースが弱まり、相場落ち着けば、ETF買い効果が出てくる」(国内投信)との声が聞かれた。

     業種別では、TOYO <5105> 、浜ゴム <5101> などのゴム製品株や、トヨタ <7203> 、日産自 <7201> 、ホンダ <7267> などの輸送用機器株が軟調。東エレク <8035> 、京セラ <6971> などの電機株や、SOMPOH <8630> 、東京海上 <8766> などの保険株も売られた。ガイシ <5333> 、特殊陶 <5334> などのガラス土石株も安い。

     半面、JAL <9201> 、ANA <9202> などの空運株や、JR東海 <9022> 、JR東日本 <9020> 、JR西日本 <9021> などの陸運株が堅調。サカタのタネ <1377> 、マルハニチロ <1333> などの水産農林株も高い。

     個別では、クラボウ <3106> 、前田道 <1883> 、マルシェ <7524> 、ドリームI <4310> 、ハローズ <2742> などの下げが目立った。半面、ACCESS <4813> 、ヤーマン <6630> 、アルトナー <2163> 、ベステラ <1433> 、Vキューブ <3681> などがストップ高。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、27業種が下落した。

    -----------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ 

    拍手

    日経平均 ; 17431.05 (-1128.58、3日続落)
    TOPIX ; 1261.70 (-66.18、3日続落)
    JASDAQ指数 ; 2783.78 (-172.10、3日続落)
    マザーズ  ; 565.31 (-34.51、3日続落)
    東証REIT ;1596.30 (-187.20、2日続落)

    日経平均は今日も大暴落!昨晩の米国市場は暴落し、ダウが史上最大の下げ幅を記録。日本市場は今日も売り一色で一時は10%超えまで下落、そこからは戻したものの1000円安水準で引けました。今日は株式だけでなく、これまで底堅かった東証REIT指数も投げ売りが殺到、ストップ安を付ける銘柄も散見され、今日の下げは本当にきつかった。。。

    私は今日も淡々と損切り&ナンピンをしましたが、REITで下げている銘柄が多岐に渡り、損切り&ナンピン対象も拡大。エスコンジャパンリート、アクティビアプロパティーズ、星野リゾートリート、ヒューリックリート、トーセイリート、ケネディクス商業リート、いちごホテルリート、スターアジア、大江戸温泉リート、さくら総合リート、投資法人みらい、ザイマックスリート、森トラストホテルリート、タカラレーベンリート、森トラスト総合リート、インヴィンシブル、フロンティア、ジャパンホテルリートの売買を行いましたが、今日全ては完了せず・・・。月曜日もう少しやります。

    株式は、2193 クックパッド、3633 GMOペパボ、6038 イード、6186 一蔵、7177 GMOフィナンシャルをナンピン。資金が足りなくなってきたので、金ETFと原油ETFは全て売却しましたが、それでも今日で実弾をほとんど使い果たしてしまったので、ここからもう一段今日のような暴落が来たら厳しいですね。。。

    -----------------------------------

    日経平均は1128円安と大幅に3日続落、全面安に3年4カ月ぶり1万7500円割れ=13日後場
    15時21分配信 モーニングスター

     13日後場の日経平均株価は前日比1128円58銭安の1万7431円05銭と大幅に3日続落。全面安の展開となり、1万7500円割れは16年11月11日(終値1万7455円78銭)以来ほぼ3年4カ月ぶり。下げ幅は16年6月24日(1286円33銭)以来の大きさとなった。

     朝方は、新型コロナウイルスの感染拡大による世界景気の悪化懸念が一段と強まり、12日の欧米株式の暴落が嫌気され、リスク回避の売りが加速した。下げ幅を拡大し、前場中盤には1万6690円60銭(前日比1869円03銭安)まで値を崩した。一巡後は、下げ渋った。後場に入り、時間外取引で米株価指数先物が上げに転じ、円安歩調もあって1万8100円台まで引き戻す場面があった。日銀のETF(上場投資信託)買い期待も支えとなった。その後は、買いが続かず、大引けにかけて軟化した。この日算出の日経平均先物・オプション3月限のメジャーSQ(特別清算指数)値は1万7052円89銭。

     東証1部の出来高は34億5938万株、売買代金は4兆8923億円。騰落銘柄数は値上がり64銘柄、値下がり2099銘柄、変わらず3銘柄。

     市場からは「後場は一時急ピッチな戻りを示したが、もともと売られすぎで、来週の日米金融政策への期待があるかも知れない。ただ、自律反発の域は出ておらず、ボラティリティ(相場変動性)が落ち着くまでは相場は安定化しない」(準大手証券)との声が聞かれた。

     東証業種別株価指数は全33業種が値下がり。業種別では、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株や、三井不 <8801> 、三菱地所 <8802> 、住友不 <8830> などの不動産株が下落。JAL <9201> 、ANA <9202> などの空運株や、郵船 <9101> 、商船三井 <9104> 、川崎汽 <9107> などの海運株も売られた。日水 <1332> 、マルハニチロ <1333> などの水産農林株や、東海カ <5301> 、TOTO <5332> などのガラス土石株も安い。

     個別では、ドリームI <4310> 、CKサンエツ <5757> 、セレス <3696> 、オハラ <5218> がストップ安となり、ラクスル <4384> も一時ストップ安。半面、クラボウ <3106> 、サイバーL <3683> がストップ高となり、アグロカネシ <4955> 、クボテック <7709> 、前田道路 <1883> などの上げも目立った。

    -----------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ 

    拍手

    日経平均 ; 18559.63 (-856.43、2日続落)
    TOPIX ; 1327.88 (-57.24、2日続落)
    JASDAQ指数 ; 2955.88 (-117.71、2日続落)
    マザーズ  ; 599.82 (-34.17、2日続落)
    東証REIT ;1783.50 (-124.45

    日経平均は大幅続落。昨晩の米国市場が底値を割れて下げていましたので、日本株の下落も已む無し・・・ですが、下り最速というかここまで売られなくてもという勢いでガンガン売られますね。持ち直しつつあったREITも崩れており、私のPFも壊滅状態で年初から20-25%くらいは食らってます。

    そろそろ資金が厳しくなってきてますが、今日も水曜日の価格を更に割れた銘柄を中心にまたまたナンピン地獄。まずはリート関連で、いちごホテルリート、森トラストホテルリート、インヴィンシブル投資法人を損切り&ナンピン。 そして株式は、2193 クックパッド、3633 GMOペパボ、3695 GMOリサーチ、7177 GMOフィナンシャル、8789 フィンテックグローバルをナンピン。あともう1段階、17000円近辺まで覚悟しなきゃいけないんでしょうかね。。。

    -----------------------------------

    日経平均は856円安と大幅続落し連日で昨年来安値、一時下げ幅縮小も弱い動きが続く=12日後場
    15時48分配信 モーニングスター

     12日の日経平均株価は、前日比856円43銭安の1万8559円63銭と大幅に続落して取引を終了、連日で昨年来安値を更新した。終値ベースでの1万8500円台は、17年4月20日(1万8430円49銭)以来、約2年11カ月ぶり。前日の弱い動きに加え、現地11日の米国株式が大幅反落したことから売りが先行。トランプ米大統領は、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、英国を除く欧州から米国への渡航を30日間、停止すると表明。欧米経済への影響が懸念され、時間外取引で米株価指数先物が大幅に下落。その流れを受け、午前11時7分には、同1076円79銭安の1万8339円27銭を付ける場面がみられた。後場に入り為替市場で、ドル・円相場が午前中の1ドル=103円台の前半から、一時104円台の半ば(11日終値は105円01-04銭)まで、円安方向に振れたことから587円安まで下落幅を縮小する場面もみられた。

     東証1部の出来高は25億8352万株、売買代金は3兆7853億円。騰落銘柄数は値上がり39銘柄、値下がり2117銘柄、変わらず9銘柄だった。

     市場では「日経平均株価のPBRは0.9倍台に低下し割安感があるものの、新型肺炎の影響が読み切れず、反転のキッカケが掴めない状況にある。様子見で買い注文が少なく、値動きが荒くなることで、更に買いを控えるようになっている」(中堅証券)との見方があった。

     業種別では、郵船 <9101> 、商船三井 <9104> などの海運株や、JAL <9201> 、ANA <9202> などの空運株が下落。国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株や、三井不 <8801> 、三菱地所 <8802> などの不動産株も安い。ニコン <7731> 、HOYA <7741> などの精密機器株や、SUMCO <3436> 、LIXILG <5938> などの金属製品株も軟調。三菱UFJ <8306> 、三井住友 <8316> などの銀行株や、日本製鉄 <5401> 、JFE <5411> などの鉄鋼株も下げた。東証業種別指数は、全業種が下落した。

     個別では、IBJ <6071> 、ジーンズメイト <7448> 、高周波 <5476> 、ADワークス <3250> 、ITM <2148> などが下落。半面、クラボウ <3106> 、APC <3175> 、パンチ <6165> 、カーブスHD <7085> 、ホクシン <7897> などが上昇した。

    -----------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ 

    拍手

    日経平均 ; 19416.06 (-451.06
    TOPIX ; 1385.12 (-21.56
    JASDAQ指数 ; 3073.59 (-31.95
    マザーズ  ; 633.99 (-31.44
    東証REIT ;1907.95 (+3.89

    日経平均は大幅反落。昨晩のNY市場はダウが半値戻しで反発、日本市場も高く始まりましたが、日中に下落に転じ、安値水準で引けました。

    私のPFは今日も下げましたが、昨日朝ほどの下げにはならなかったのでとりあえず様子見。ポジション調整で3695 GMOリサーチを少し売りましたが、他は特に動かず。明日以降で更に昨日の安値を更新する下げになったら買い増し、そうでなければ当分は今のままでいく方針です。

    -----------------------------------

    日経平均は451円安と大幅反落、上げ転換後に下げ幅を拡大、米株先物の一段安で売り強まる=11日後場
    15時21分配信 モーニングスター

     11日後場の日経平均株価は前日比451円06銭安の1万9416円06銭と大幅反落。朝方は、売りが先行した。米景気支援策期待から10日の米国株式は大幅反発したものの、その後の時間外取引で米株価指数先物が下落し、重しとなった。トランプ米大統領が新型コロナウイルス対応の経済対策に関連した会見に出席しなかったことで、懸念要因として意識され、いったん1万9700円台を割り込んだ。その後、持ち直して上げに転じる場面もあったが、買いは続かず再度軟化。米株先物の一段安で売りが再び強まり、大引け間際には1万9392円25銭(前日比474円87銭安)まで下げ幅を拡大した。

     東証1部の出来高は19億9632万株、売買代金は3兆1263億円。騰落銘柄数は値上がり393銘柄、値下がり1718銘柄、変わらず54銘柄。

     業種別では、エムスリー <2413> 、リクルートHD <6098> などのサービス株や、三井不 <8801> 、三菱地所 <8802> などの不動産株が下落。アステラス薬 <4503> 、第一三共 <4568> などの医薬品株や、KDDI <9433> 、NTTドコモ <9437> 、ソフバンG <9984> などの情報通信株も売られた。日本製鉄 <5401> 、神戸鋼 <5406> などの鉄鋼株や、東エレク <8035> 、アドバンテスト <6857> などの電機株も軟調。

     半面、東電力HD <9501> 、東ガス <9531> などの電気ガス株が堅調。TOYO <5105> 、ブリヂス <5108> などのゴム製品株も高い。マルハニチロ <1333> 、サカタのタネ <1377> などの水産農林株や、コカコーラ <2579> 、山崎パン <2212> などの食料品株も買われた。

     個別では、IBJ <6071> 、Wスコープ <6619> 、ホクシン <7897> 、グッドコムA <3475> 、光世証 <8617> などの下げが目立った。半面、ジーンズメイト <7448> 、菱洋エレク <8068> 、プロネクサス <7893> 、ポプラ <7601> 、マイネット <3928> などの上げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、28業種が下落した。

     -----------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ 

    拍手

    日経平均 ; 19867.12 (+168.36
    TOPIX ; 1406.68 (+17.71
    JASDAQ指数 ; 3105.54 (+9.93
    マザーズ  ; 665.43 (+19.23
    東証REIT ;1904.06 (-8.24、3日続落)

    日経平均は反発。昨晩のNY市場でダウが2000ドルの記録的な下げを記録し、今朝の日本市場は売り一色でのスタート。前場は19,000円割れまで売られましたが、そこからよく持ち直しましたね。

    私は朝から特売りスタートだった銘柄を中心に、今日も変わらずのナンピン地獄。まずはリート関連で、昨日もナンピンしたいちごホテルリート、大江戸温泉リート、森トラストホテルリート、インヴィンシブル投資法人、ジャパンホテルリート、星野リゾートリート、フロンティア投資法人を損切り&ナンピン。更に今日は追加でスターアジア、さくら総合リート、ケネディクス商業リートも損切り&ナンピンしました。

    株式の方は、2193 クックパッド、3633 GMOペパボ、3695 GMOリサーチ、6186 一蔵、7177 GMOフィナンシャル、8789 フィンテックグローバル、を今日も損切り&ナンピン。こちらは6038 イードも損切り&ナンピンしました。

    昨日より銘柄が増えている・・・すなわち大きくマイナスになっている銘柄が増えているという事で、前場は目も当てられない状況でしたが、後場持ち直したので何とか一息つけました。ホテルリートは連日もうつぶれるんじゃないかという勢いで売られており、激安だけど買うのが怖い感じですね。こういうのを自分が拾うには、機械的に買い増すしかないです。

    更には新規でWTI原油ETFに参戦!3年ぶりくらいの参戦ですが、前にチャイナショック?で安いと思ったときよりも更に下がっており、金銀プラチナを売って商品ポジションがほとんどなくなっている状況下でもあり、ここから買い下がってみようかと思います。

    -----------------------------------

    日経平均は168円高と3日ぶり反発、急落後に上げ転換、米株先物高や経済対策期待など支え=10日後場
    15時14分配信 モーニングスター

     10日後場の日経平均株価は前日比168円36銭高の1万9867円12銭と3営業日ぶりに反発。朝方は、新型コロナウイルスの感染拡大への警戒感が続くなか、9日のNYダウが過去最大の下げ幅となったことを受け、一時1万8891円77銭(前日比806円99銭安)まで下落する場面があった。一巡後は、持ち直した。トランプ米大統領は9日、政権が給与税減税の可能性について上院と10日に協議することを明らかにしたと伝えられ、時間外取引で米株価指数先物が上昇。時間外のNY原油先物高や、円高一服も支えとなった。後場入り後には、経済対策への期待感とともに日銀のETF(上場投資信託)買い観測もあって、上げに転じ、終盤には1万9970円35銭(同271円59銭高)まで切り返した。

     東証1部の出来高は25億7037万株、売買代金は3兆8120億円。騰落銘柄数は値上がり1645銘柄、値下がり477銘柄、変わらず42銘柄。

     市場からは「下ヒゲの長い陽線を付け、これだけを見るといったん底入れの格好となる。大きく値下がりしただけに戻るとは思うが、新型コロナウイルスの感染拡大という元凶は何ら解消していない。メジャーSQ(特別清算指数)の算出を控え、思惑的な売買に上下動があるかもしれない」(準大手証券)との声が聞かれた。

     業種別では、野村 <8604> 、大和証G <8601> などの証券商品先物株が堅調。菱地所 <8802> 、住友不 <8830> などの不動産株や、近鉄エクス <9375> 、三井倉HD <9302> などの倉庫運輸関連株も高い。日本製鉄 <5401> 、神戸鋼 <5406> などの鉄鋼株や、エムスリー <2413> 、OLC <4661> などのサービス株も値を上げた。三菱UFJ <8306> 、三井住友 <8316> などの銀行株や、JR東海 <9022> 、日通 <9062> などの陸運株も買われた。

     半面、鉱業株では国際帝石 <1605> が下落。郵船 <9101> 、商船三井 <9104> などの海運株や、JXTG <5020> などの石油石炭製品株も軟調。

     個別では、ジーンズメイト <7448> 、オルトプラス <3672> 、CRE <3458> 、カーブスHD <7085> がストップ高となり、パンチ <6165> 、ザッパラス <3770> などの上げも目立った。半面、エアーテック <6291> (前場に一時ストップ安)、黒谷 <3168> 、中広 <2139> 、ライドオンH <6082> 、シンシア <7782> などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、30業種が上昇した。

     -----------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ 

    拍手

    日経平均 ; 19698.76 (-1050.99、2日続落)
    TOPIX ; 1388.97 (-82.49、2日続落)
    JASDAQ指数 ; 3095.61 (-216.65、2日続落)
    マザーズ  ; 646.20 (-69.80、2日続落)
    東証REIT ;1912.30 (-130.74、2日続落)

    日経平均は大幅続落。国内外でコロナウイルスが経済に与える懸念が拡大、日本は対中韓の入国規制を始めた件も影響しましたかね。日経平均は1000円を超える下落、新興は壊滅的でジャスダック平均が-6.5%、マザーズは何と-9.8%!です。東証リート指数も-6.4%の下げで、今日は銘柄関係なく一気に投げ売りが出ましたね。明日朝の反応次第ですが、今日が短期的なセリクラになる可能性もあるかなと思います。

    私のPFもがっつりと食らっていまして、今日も変わらずのナンピン地獄。まずはリート関連で、いちごホテルリート、大江戸温泉リート、森トラストホテルリート、インヴィンシブル投資法人、ジャパンホテルリート、星野リゾートリート、フロンティア投資法人を損切り&ナンピン。買い増し。そしてエスコンジャパンリートに新規参戦!

    更に株式の方は、2193 クックパッド、3633 GMOペパボ、3695 GMOリサーチ、6186 一蔵、7177 GMOフィナンシャル、8789 フィンテックグローバル、9202 ANAホールディングスを損切り&ナンピン。基本は株価が買い値から10%下げたらポジションを10%増やすスタンスで買い下がり中です。今日の下げはきつかったので一旦戻してくれると良いんですけどね。今晩のNY市場も厳しそうだし、もう1周来るでしょうか。

    -----------------------------------

    日経平均は1050円安と大幅続落、今年最大の下げ幅に1年2カ月ぶり2万円割れ=9日後場
    15時17分配信 モーニングスター

     9日後場の日経平均株価は前週末比1050円99銭安の1万9698円76銭と大幅続落。今年最大の下げ幅となり、19年1月4日(終値1万9561円96銭)以来1年2カ月ぶりに2万円大台を割り込んだ。新型コロナウイルスの感染拡大への警戒感が続き、前週末の欧米株安や、円高・ドル安進行、原油安を嫌気し、リスク回避の売りが加速した。時間外取引の米株価指数先物が大きく下落し、中国・上海総合指数や香港ハンセン指数の下げも重しとなり、前場終盤には1万9472円26銭(前週末比1277円49銭安)まで下げ幅を拡大した。後場は、日銀のETF(上場投資信託)買い観測を支えに大引けにかけて下げ渋ったが、戻りは限定的だった。

     東証1部の出来高は25億1847万株、売買代金は3兆4646億円。騰落銘柄数は値上がり22銘柄、値下がり2138銘柄、変わらず3銘柄。

     市場からは「下値のメドが立てにくい。2月の戻り高値からの下げ相場は1カ月経過したが、過去のショック安では切り返すまでに2-3カ月を要しており、回復にはまだ時間が掛かる。ボラティリティ(相場変動性)が高いままであり、当面波乱商状が続きそうだ」(準大手証券)との声が聞かれた。

     東証業種別株価指数は全33業種が値下がり。業種別では、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株が下落。三菱UFJ <8306> 、三井住友 <8316> 、みずほ <8411> などの銀行株や、大和証G <8601> などの証券商品先物株も売られた。日本製鉄 <5401> 、JFE <5411> 、神戸鋼 <5406> などの鉄鋼株や、野村 <8604> 、JXTG <5020> 、コスモエネH <5021> などの石油石炭製品株も軟調。三井金 <5706> 、古河電工 <5801> などの非鉄金属株や、郵船 <9101> 、商船三井 <9104> 、川崎汽 <9107> などの海運株も安い。

     個別では、HEROZ <4382> 、島根銀行 <7150> 、カーブスHD <7085> 、マイネット <3928> がストップ安となり、クワザワ <8104> 、エスクリ <2196> も一時ストップ安。半面、ティーライフ <3172> 、キャリアイン <6538> 、三谷セキ <5273> 、日本電設 <1950> 、ニチレイ <2871> などの上げが目立った。

    -----------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ 

    拍手

    日経平均 ; 20749.75 (-579.37
    TOPIX ; 1471.46 (-44.25
    JASDAQ指数 ; 3312.26 (-74.32
    マザーズ  ; 716.00 (-27.13
    東証REIT ;2043.04 (-64.10

    日経平均は大幅反落。昨晩のNY市場はダウが900ドルを超える下げで、日本市場も朝からがっつり売られました。最近は朝安いと昼間に切り返すことが多かったですが、今日は下げが加速しましたね。昨日から動きが変わってきているのでしょうか。

    私は今日は3695 GMOリサーチを淡々と損切り&ナンピン。下げても下げても、相変わらず止まりません。。。

    -----------------------------------

    日経平均は579円安と3日ぶり大幅反落、全面安に半年ぶり2万1000円割れ=6日後場
    15時17分配信 モーニングスター

     6日後場の日経平均株価は前日比579円37銭安の2万749円75銭と3日ぶりに大幅反落。全面安となり、19年9月4日(終値2万649円14銭)以来半年ぶりに2万1000円を割り込んだ。新型肺炎の感染拡大への警戒感が強く、5日の米国株式の急落や円高・ドル安進行を受け、売り優勢で始まった。時間外取引の米株価指数先物安やアジア株の軟調推移も重しとなり、後場入り後には一時2万613円91銭(前日比715円21銭安)まで下げ幅を拡大した。日銀のETF(上場投資信託)買い観測を支えに、大引けにかけて下げ渋ったが、戻りは限定された。東証業種別株価指数は全33業種が値下がりした。

     東証1部の出来高は17億4964万株、売買代金は2兆8335億円。騰落銘柄数は値上がり40銘柄、値下がり2114銘柄、変わらず9銘柄。

     市場からは「前場の下げの流れを日銀のETF買いが止めたようだが、まだ不安定さを残す。ボラティリティー(相場変動性)が再び上昇し、リバウンドがあっても、日経平均2万円割れがあっても不思議ではない。新型コロナウイルスの感染がどこまで拡大するかが問題だ」(準大手証券)との声が聞かれた。

     業種別では、日本製鉄 <5401> 、JFE <5411> 、神戸鋼 <5406> などの鉄鋼株が下落。野村 <8604> 、大和証G <8601> などの証券商品先物株や、住友鉱 <5713> 、フジクラ <5803> などの非鉄金属株も軟調。郵船 <9101> 、商船三井 <9104> 、川崎汽 <9107> などの海運株や、JAL <9201> 、ANA <9202> などの空運株も安い。LIXILG <5938> 、SUMCO <3436> などの金属製品株も値を下げ、三菱UFJ <8306> 、三井住友 <8316> 、みずほ <8411> などの銀行株や、三井不 <8801> 、三菱地所 <8802> 、住友不 <8830> などの不動産株も売られた。

     個別では、カーブスHD <7085> がストップ安となり、ラクーンHD <3031> 、日本ハウスH <1873> 、Vキューブ <3681> 、オルトプラス <3672> などの下げも目立った。半面、ティーライフ <3172> 、日基礎 <1914> 、7&iHD <3382> 、ウエルシアH <3141> 、日水薬 <4550> などの上げが目立った。

    -----------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ 

    拍手

    日経平均 ; 21329.12 (+229.06、2日続伸)
    TOPIX ; 1515.71 (+13.21
    JASDAQ指数 ; 3386.58 (+5.03
    マザーズ  ; 743.13 (+6.96、2日続伸)
    東証REIT ;2107.14 (+47.96、3日続伸)

    日経平均は続伸。昨晩のNY市場でダウがまた1000ドルを超える上げ幅を記録し、朝は大幅高で始まりましたが、朝強いと日中垂れるいつものパターン・・・かと思いきや後場は盛り返しましたね。

    今日は相場全体が強かったのであまりやる事はなかったですが、昨日まで損出ししていた分を相殺するため、金ETFの一部を利食いしました。利食いした分をこのまま手元資金として持っておくか、金に戻しておくかが悩みどころです。現金のままだと何か買ってしまうと思うので・・・。

    -----------------------------------

    日経平均は229円高と大幅続伸、上海総合の動きなどで引けにかけ上げ幅を取り戻す格好=5日後場
    15時16分配信 モーニングスター

     5日の日経平均株価は、前日比229円06銭高の2万1329円12銭と大幅続伸して取引を終了した。朝方は、きのうのしっかりした動きや、現地4日の米国株式が大幅高を演じたこともあり買いが先行。寄り付きの時点の同299円81銭高の2万1399円87銭が高値となった。その後は、上値が重い展開が続いたが、中国・上海総合指数が上げ幅を拡大し、時間外取引での米株価指数先物は下げ幅を縮小したこともあり、上げ幅を取り戻す格好となった。東証1部の出来高は13億8384万株、売買代金は2兆5255億円。騰落銘柄数は値上がり1115銘柄、値下がり943銘柄、変わらず105銘柄だった。

     市場では「新型肺炎の影響を受けた1-3月期の企業業績への警戒感から、積極的には手掛けづらい状況にあり、停滞商状が継続する可能性もある」(中堅証券)との見方があった。

     業種別では、中部電力 <9502> 、東ガス <9531> などの電気ガス株や、武田薬 <4502> 、中外薬 <4519> などの医薬品株が上昇。大日印 <7912> 、任天堂 <7974> などのその他製品株や、信越化 <4063> 、花王 <4452> などの化学株も高い。オリエンタルランド(OLC) <4661> 、リクルートH <6098> などのサービス株や、島津製 <7701> 、HOYA <7741> などの精密機器株も堅調。アサヒ <2502> 、JT <2914> などの食料品株や、NTTドコモ <9437> 、ソフバンG <9984> などの情報通信株も上げている。東証業種別指数は、24業種が上昇、9業種が下落した。

     個別では、ティーライフ <3172> 、eBASE <3835> 、KeePer <6036> 、タカラBIO <4974> 、デザインワン <6048> などが上昇。半面、前田道 <1883> 、内田洋行 <8057> 、アインHD <9627> 、カーブスHD <7085> 、中広 <2139> などが下落した。

    -----------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ 

    拍手

    忍者ブログ [PR]