忍者ブログ
直感重視の素人投資家、天地人の株日記です。株や経済に関するネタを中心に書いていく予定です。
[4728] [4727] [4726] [4725] [4724] [4723] [4722] [4721] [4720] [4719] [4718]
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
2
3 4 5 6 9
10 16
17 23
24 30
31
最新CM
[03/20 株式会社ゴゴジャン 桑原]
[01/20 エラ~]
[10/03 天地人]
[10/03 MGT]
[10/31 zerokabu田中]
[04/06 名無しの権兵衛さん]
[02/08 天地人]
[02/06 ゴーヤン]
[12/25 天地人]
[12/19 しお]
プロフィール
HN:
天地人
性別:
男性
自己紹介:
現在の所有銘柄
2193 クックパッド
3633 GMOペパボ
3695 GMOリサーチ
6038 イード
6186 一蔵
7157 ライフネット生命保険
7177 GMOフィナンシャルHD
8789 フィンテックグローバル
8887 リベレステ

現在の優待銘柄
2406 アルテサロンホールディングス

現在の所有ETF
1343 東証REIT指数連動型

現在の所有REIT
2971 エスコンジャパンリート
3227 MCUBS MidCity投資法人
3234 森ヒルズリート投資法人
3249 産業ファンド投資法人
3269 アドバンスレジデンス投資法人
3279 アクティビア・プロパティーズ
3282 コンフォリア・レジデンシャル
3283 日本プロロジスリート投資法人
3287 星野リゾート・リート投資法人
3290 Oneリート投資法人
3295 ヒューリックリート投資法人
3298 インベスコ・オフィス投資法人
3309 積水ハウス・リート投資法人
3451 トーセイ・リート投資法人
3453 ケネディクス商業リート
3463 いちごホテルリート投資法人
3466 ラサールロジポート投資法人
3468 スターアジア不動産投資法人
3471 三井不動産LP投資法人
3472 大江戸温泉リート投資法人
3473 さくら総合リート投資法人
3476 投資法人みらい
3478 森トラストホテルリート投資法人
3481 三菱地所物流リート投資法人
3487 CREロジスティクス投資法人
3488 ザイマックス・リート投資法人
3492 タカラレーベン不動産投資法人
3493 アドバンス・ロジスティクス
8953 日本リテールファンド
8955 日本プライムリアルティ
8957 東急リアルエステート投資法人
8960 ユナイテッド・アーバン投資法人
8961 森トラスト総合リート投資法人
8963 インヴィンシブル投資法人
8964 フロンティア不動産投資法人
8967 日本ロジスティクス投資法人
8975 いちごオフィスリート投資法人
8979 スターツプロシード投資法人
8984 大和ハウスリート投資法人
8985 ジャパンホテルリート投資法人
8986 日本賃貸住宅投資法人
9281 タカラレーベン・インフラ
9282 いちごグリーンインフラ
9286 エネクス・インフラ投資法人

現在の所有外貨建MMF


現在の重点監視銘柄
3963 シンクロ・フード
6541 グレイステクノロジー
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
Twitter
    follow me on Twitter
    忍者おまとめボタン
    日経平均 ; 18917.01 (-167.96、2日続落)
    TOPIX ; 1403.04 (-32.50、2日続落)
    JASDAQ指数 ; 2952.79 (-1.38、2日続落)
    マザーズ  ; 620.09 (+7.81
    東証REIT ;1595.19 (+23.91、2日続伸)

    日経平均は大幅続落。昨晩のNY市場が上昇したため、日経平均もプラススタートだったのですが、買いが続かず。今日で3月終了ですが、厳しい一ヶ月でしたね~。。。

    私のPFは今月は2月末比で約20%のマイナス、年初来で約28%のマイナスでした。まだ二番底を探りに行く可能性もあり、予断を許さない状況が続きますが、臨機応変に対応していきたいと思います。

    -----------------------------------

    日経平均は167円安と続落、引けにかけ再度軟化、値下がり銘柄数1600近い=31日後場
    15:17 配信  モーニングスター

     31日後場の日経平均株価は、前日比167円96銭安の1万8917円01銭安と続落。朝方は、米経済対策への期待などを背景に30日の米国株式が大幅上昇した流れを受け、買いが先行した。下げに転じる場面もあったが、円安歩調とともに切り返した。日本時間午前10時に発表された中国3月製造業PMI(購買担当者景気指数)と同非製造業PMIが大幅改善したことで、上げ幅を拡大し、一時1万9336円19銭(前日比251円22銭高)まで上昇した。一巡後は上値が重く後場入り後には再びマイナス圏入りした。新型コロナウイルスの感染拡大への警戒感は根強く、一時1万8834円16銭(同250円81銭安)まで下押した。その後、小幅高に引き戻す場面もあったが、買いは続かず、大引けにかけて再度軟化した。

     東証1部の出来高は18億6245万株、売買代金は3兆802億円。騰落銘柄数は値上がり546銘柄、値下がり1581銘柄、変わらず39銘柄。

     市場からは「中国経済指標は悪くないが、現実的にそれでOKとはいかず、指数に絡んだ短期筋の売買に揺れている。新型コロナの感染状況をにらみつつ、相場が落ち着くのか、2番底を探りに行くのか見極めるところだ」(国内投資)との声が聞かれた。

     業種別では、日本製鉄 <5401> 、JFE <5411> などの鉄鋼株が下落。三菱UFJ <8306> 、三井住友 <8316> 、みずほ <8411> などの銀行株や、トヨタ <7203> 、日産自 <7201> 、ホンダ <7267> などの輸送用機器株も売られた。日水 <1332> 、マルハニチロ <1333> などの水産農林株もさえない。野村 <8604> 、大和証G <8601> などの証券商品先物株や、丸紅 <8002> 、三井物 <8031> などの卸売株も安い。

     半面、出光興産 <5019> 、JXTG <5020> 、コスモエネH <5021> などの石油石炭製品株や、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株が堅調。

     個別では、オルトプラス <3672> 、ソウルドO <6553> 、MUTOHH <7999> 、わかもと <4512> 、アルフレッサ <2784> などの下げが目立った。半面、ヒトコムHD <4433> が連日ストップ高となり、ネオジャパン <3921> もストップ高。アルヒ <7198> 、KeePer <6036> 、Vキューブ <3681> などの上げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、31業種が下落した。

    -----------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ 

    拍手

    PR
    この記事にコメントする
    NAME:
    SUBJECT:
    COLOR:
    MAIL:
    URL:
    COMMENT:
    PASS:
    忍者ブログ [PR]