忍者ブログ
直感重視の素人投資家、天地人の株日記です。株や経済に関するネタを中心に書いていく予定です。
[3662] [3661] [3660] [3659] [3658] [3657] [3656] [3655] [3654] [3653] [3652]
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
2
3 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[03/20 株式会社ゴゴジャン 桑原]
[01/20 エラ~]
[10/03 天地人]
[10/03 MGT]
[10/31 zerokabu田中]
[04/06 名無しの権兵衛さん]
[02/08 天地人]
[02/06 ゴーヤン]
[12/25 天地人]
[12/19 しお]
プロフィール
HN:
天地人
性別:
男性
自己紹介:
現在の所有銘柄
1383 ベルグアース
2344 平安レイサービス
2464 ビジネス・ブレークスルー
3633 GMOペパボ
3695 GMOリサーチ
6026 GMO TECH
6038 イード
6090 HMT
6186 一蔵
7157 ライフネット生命保険
7177 GMOフィナンシャルHD
8789 フィンテックグローバル
8887 リベレステ

現在の優待銘柄
2406 アルテサロンホールディングス
9202 ANAホールディングス

現在の所有ETF
1309 上証50連動型
1323 南アフリカ株式指数連動型
1325 ブラジル株式指数 ボベスパ
1328 金価格連動型
1343 東証REIT指数連動型
1560 ブルサ・マレーシアKLCI連動型
1671 WTI原油価格連動型
1678 インド株式指数 S&PCNXNifty

現在の所有REIT
3227 MCUBS MidCity投資法人
3234 森ヒルズリート投資法人
3249 産業ファンド投資法人
3269 アドバンスレジデンス投資法人
3279 アクティビア・プロパティーズ
3282 コンフォリア・レジデンシャル
3283 日本プロロジスリート投資法人
3287 星野リゾート・リート投資法人
3290 Oneリート投資法人
3295 ヒューリックリート投資法人
3298 インベスコ・オフィス投資法人
3309 積水ハウス・リート投資法人
3451 トーセイ・リート投資法人
3453 ケネディクス商業リート
3463 いちごホテルリート投資法人
3466 ラサールロジポート投資法人
3468 スターアジア不動産投資法人
3471 三井不動産LP投資法人
3472 大江戸温泉リート投資法人
3473 さくら総合リート投資法人
3476 投資法人みらい
3478 森トラストホテルリート投資法人
3481 三菱地所物流リート投資法人
3487 CREロジスティクス投資法人
3488 ザイマックス・リート投資法人
8955 日本プライムリアルティ
8957 東急リアルエステート投資法人
8960 ユナイテッド・アーバン投資法人
8961 森トラスト総合リート投資法人
8963 インヴィンシブル投資法人
8964 フロンティア不動産投資法人
8967 日本ロジスティクス投資法人
8975 いちごオフィスリート投資法人
8979 スターツプロシード投資法人
8984 大和ハウスリート投資法人
8985 ジャパンホテルリート投資法人
8986 日本賃貸住宅投資法人
9281 タカラレーベン・インフラ
9282 いちごグリーンインフラ

現在の所有外貨建MMF


現在の重点監視銘柄
3963 シンクロ・フード
6541 グレイステクノロジー
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
Twitter
    follow me on Twitter
    忍者おまとめボタン

    皆様、2016年、新年おめでとうございます。

    新年一発目の記事という事で、恒例の昨年の振り返りと今年の展望について書きたいと思います。一昨年に続き、昨年もほとんど相場に向き合えておらず、昨年新年の記事と決意が全く続きませんでしたね・・・。今年も年初から忙しくなりそうで、今年は無理せず、ただ相場のチェックは続けていきたいなと思います。

    例年通り、今年も恒例の振り返りと展望から記録しておきたいと思います。ここは軽めに。

    【2015年の予想と結果】

    ・国内は円安により輸出関連企業の業績が回復傾向。ただし、実質賃金は上昇せず、消費が萎んでいる。消費増税が延期されたことで、好転のきっかけとなるか。現段階では、年中盤から後半にかけては好転してくると予想。
    →外れ。相場的には、年前半が良くて、後半はチャイナショックで崩れましたね。

    ・海外はアメリカが好調で今年も世界市場を牽引。強いドルの下での新興国通貨安とウクライナやISISなどの地政学的リスクが懸念事項。昨年のように、リスクにたまに火がついて急落する場面があっても、結局は値を戻す展開になると予想。
    →これも外れかな。昨年初め時点でISとかウクライナはもうリスクとして顕在化していたんですね。ただ、昨年一番顕在化したリスクは、中国の成長鈍化、チャイナ・リスクでした。相場が強いので戻すだろうという見立ては当たっていました。

    ・国内個別株は物色一巡で、目ぼしい所は全て買われている状況。良い企業はPERで見ても15-20倍程度の水準まで買われており、上値を追うには何か欲しい水準。
    全体としては、年前半は16,000円~18,000円のレンジでの揉み合い。景気の好転が確認できた時点で上値を抜けて上昇すると予想。
    →これも外れですね。前半に上に抜けて一時20,000円を突破。その後崩れて再度上抜けという結果でした。PERで15→16倍、プラス企業収益の増分で日経平均が押し上げられました。

    【2016年の展望】

    2016年の相場は、指数としてはレンジの中での揉み合いかなと思っています。昨年ダメだったマザーズのキャッチアップに期待したいですね。まあ業績が良くならない事には、ですけども。
    ・円安が一段落し、輸出関連企業の業績が伸び悩む。消費増税が2017年4月に延期され、2016年度はまた駆け込み需要での企業業績押し上げも期待されるが、相場的にはインバウンド消費が引き続き一番の材料になるか。
    ・海外はアメリカが9年半ぶりにゼロ金利政策に終始を打ち、今年も何度か利上げがあるとの想定。昨年からのドル高傾向は変わらず、商品や新興国通貨には引き続き厳しい状況。ただ昨年の下げで相場的には織り込まれており、今年は低め安定か。
    ・国内個別株は引き続き業績相場。市場全体の底上げは望みづらく、良い銘柄と悪い銘柄の選別が進む。
    →全体としては、昨年の17,000円~20,000円のレンジでの揉み合いを予想。

    最後に昨年の注目銘柄ですが、以下の通り惨敗でした(^^; そりゃ投資成績も伸びないよなあと。逆に、これだけ下げた銘柄がある中で+5%はすごい結果だったのかもしれません。まだ両銘柄共売っていないので、今年も引き続き注目していきます。

    2497 ユナイテッド 1900 ⇒ 1543 (-19%)
    8789 フィンテックグローバル 186 ⇒ 133(-29%)


    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    PR
    この記事にコメントする
    NAME:
    SUBJECT:
    COLOR:
    MAIL:
    URL:
    COMMENT:
    PASS:
    忍者ブログ [PR]