忍者ブログ
直感重視の素人投資家、天地人の株日記です。株や経済に関するネタを中心に書いていく予定です。
[3344] [3343] [3342] [3341] [3340] [3339] [3338] [3337] [3336] [3335] [3334]
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
2
3 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[03/20 株式会社ゴゴジャン 桑原]
[01/20 エラ~]
[10/03 天地人]
[10/03 MGT]
[10/31 zerokabu田中]
[04/06 名無しの権兵衛さん]
[02/08 天地人]
[02/06 ゴーヤン]
[12/25 天地人]
[12/19 しお]
プロフィール
HN:
天地人
性別:
男性
自己紹介:
現在の所有銘柄
1383 ベルグアース
2344 平安レイサービス
2464 ビジネス・ブレークスルー
3633 GMOペパボ
3695 GMOリサーチ
6026 GMO TECH
6038 イード
6090 HMT
6186 一蔵
7157 ライフネット生命保険
7177 GMOフィナンシャルHD
8789 フィンテックグローバル
8887 リベレステ

現在の優待銘柄
2406 アルテサロンホールディングス
9202 ANAホールディングス

現在の所有ETF
1309 上証50連動型
1323 南アフリカ株式指数連動型
1325 ブラジル株式指数 ボベスパ
1328 金価格連動型
1343 東証REIT指数連動型
1560 ブルサ・マレーシアKLCI連動型
1671 WTI原油価格連動型
1678 インド株式指数 S&PCNXNifty

現在の所有REIT
3227 MCUBS MidCity投資法人
3234 森ヒルズリート投資法人
3249 産業ファンド投資法人
3269 アドバンスレジデンス投資法人
3279 アクティビア・プロパティーズ
3282 コンフォリア・レジデンシャル
3283 日本プロロジスリート投資法人
3287 星野リゾート・リート投資法人
3290 Oneリート投資法人
3295 ヒューリックリート投資法人
3298 インベスコ・オフィス投資法人
3309 積水ハウス・リート投資法人
3451 トーセイ・リート投資法人
3453 ケネディクス商業リート
3463 いちごホテルリート投資法人
3466 ラサールロジポート投資法人
3468 スターアジア不動産投資法人
3471 三井不動産LP投資法人
3472 大江戸温泉リート投資法人
3473 さくら総合リート投資法人
3476 投資法人みらい
3478 森トラストホテルリート投資法人
3481 三菱地所物流リート投資法人
3487 CREロジスティクス投資法人
3488 ザイマックス・リート投資法人
8955 日本プライムリアルティ
8957 東急リアルエステート投資法人
8960 ユナイテッド・アーバン投資法人
8961 森トラスト総合リート投資法人
8963 インヴィンシブル投資法人
8964 フロンティア不動産投資法人
8967 日本ロジスティクス投資法人
8975 いちごオフィスリート投資法人
8979 スターツプロシード投資法人
8984 大和ハウスリート投資法人
8985 ジャパンホテルリート投資法人
8986 日本賃貸住宅投資法人
9281 タカラレーベン・インフラ
9282 いちごグリーンインフラ

現在の所有外貨建MMF


現在の重点監視銘柄
3963 シンクロ・フード
6541 グレイステクノロジー
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
Twitter
    follow me on Twitter
    忍者おまとめボタン
    日経平均 ; 17300.86 (+12.11
    TOPIX ; 1397.64 (+1.10、3日続伸)
    JASDAQ指数; 2342.18 (-0.82、2日続落)

    マザーズ ;918.86 (+1.67

    本日も記録のみ。昨日に引き続き売買を行いまして、3359 タイセイを更に買い増し、そして3031 ラクーンを買い増しました。もうしばらく、株価を見ながらリバランスの売買を続ける予定です。

    -------------------------------

    日経平均12円高、円安受け反発も過熱感が重し=20日後場
    11月20日(木)15時28分配信 モーニングスター

     20日後場の日経平均株価は前日比12円11銭高の1万7300円86銭と小幅反発。円の弱含みを受けて後場寄りは前場終値を上回って始まり、一時同71円92銭高の1万7360円67銭まで戻した。ただ、買い上がる動きは続かず、利益確定売りに前日終値近辺まで押された。その後、下値では押し目買いが入ったほか、1ドル=118円後半と一段と円安が進んだこともあり、再び上昇基調となったが、テクニカル的な過熱感から引けにかけて伸び悩み、マイナス圏に沈む場面もあった。東証1部の出来高は24億5324万株。売買代金は2兆2439億円。騰落銘柄数は値上がり788銘柄、値下がり883銘柄、変わらず163銘柄。

     市場からは「円安を受けて切り返したが、買い切れなかった。円の水準を考えるともう少し買われてもよさそうだが、警戒しながらの買いであるので続かない。一方、消費税率引き上げの先送りなど国内には好材料があり、下がってくれば買いが入る。あすも、警戒感と先高感が交錯する流れとなりそうだ」(オンライン証券)との声が聞かれた。

     業種別では、帝人 <3401> 、東レ <3402> など繊維製品、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> など鉱業、郵船 <9101> 、商船三井 <9104> など海運が東証業種別株価指数で値上がり率上位。トヨタ <7203> 、ホンダ <7267> など輸送用機器、NEC <6701> 、富士通 <6702> など電機も堅調。個別では、日本エンター <4829> 、サクサ <6675> 、ぐるなび <2440> 、ゲンキー <2772> が東証1部値上がり率上位。板硝子 <5202> 、ガイシ <5333> 、ヤマハ <7951> 、ニコン <7731> なども堅調。

     半面、クレセゾン <8253> 、オリックス <8591> などその他金融、三菱地所 <8802> 、住友不 <8830> など不動産、東電 <9501> 、関西電 <9503> など電気ガスが値下がり率上位。個別では、アイネット <9600> 、ネオス <3627> 、オルトプラス <3672> 、PBITS <3831> が東証1部値下がり率上位。日製鋼 <5631> 、大日住薬 <4506> 、東京海上 <8766> 、ソフトバンク <9984> も軟調。

     なお、東証業種別株価指数は全33業種中、20業種が上昇した。

     -------------------------------

    にほんブログ村 株ブログへ

    拍手

    PR
    この記事にコメントする
    NAME:
    SUBJECT:
    COLOR:
    MAIL:
    URL:
    COMMENT:
    PASS:
    忍者ブログ [PR]